コロナ対策にオシャレなスポーツマスク

野球用品

今年は、何と言ってもコロナウイルス。

当然、野球界においても大きな影響が出ている事はご承知の通リです。

プロ野球の開幕延期、無観客試合、そして春、夏の甲子園中止。


地方でも活動自粛、大会の中止が相次ぎました。


普段当たり前に野球が出来る事に対する感謝の気持ちを改めて感じる一年でした。


感染症予防を行いながらの試合は様々な対策が施されています。


私の所属する連盟では

・オーダー用紙と共に検温記録の入った健康チェックシートの提出。
・試合開始前後の挨拶の省略。
・ハイタッチ、大声での応援禁止。
・試合後のベンチ消毒。
このような対策を行いないながら試合が運営されました。
 
今年はプロ野球をテレビ観戦していると新しい発見が生まれました。
 
プロの選手でも、試合中大きな声で声出しをしています。
 
 
学童野球で良く見る光景で、監督さんが子供たちに「もっと大きな声を出せ!」などと指導する場面を良く見ます。
 
私も、子供の頃は「プロ野球は声を出さなくていいから楽でいいよなぁ~」とか思ったものです。
 
しかし、プロ野球選手も当然声を出しているのです。
 
普段は大観衆の中でプレイするため解らないのですが、プロ野球選手もとても大きな声を
出しています。
 
ただ、大きな声を出せば良い訳でもなく強いチームでは質の高い声出しが行われています。
 
プレー中に「ショート!」「走ったー!」「セカンドへ!」など、とにかく全員がプレーに集中し、ひとつのボール・プレーに対して指示を出す。
 
簡単な事と思われるかもしれませんが、野球を知っていないと意外と出来ないのです。
 
声出しが出来なくて悩んでいるチームなどは、一度意識してプロ野球中継を見ると子供たちは良い勉強になるかもしれませんね。
スポンサーリンク

コロナ対策でおすすめしたいスポーツマスク

最近、マスクをしていない人が居ないくらいに全員がマスクを着用していますね。

私が所属する連盟でも、試合中以外のマスク着用は義務となっています。

最近は、マスクもファッションの一部となり各チームによってはチームロゴが入ったオリジナルマスクを着用しているチームもあります。

私のおすすめスポーツマスクをいくつか紹介したいと思います。

誰もが知っている「アンーアーマー」からアスリート専用に設計されたマスクが登場。
通気性が良く、快適なつけ心地で雨を弾き、屋外での着用に最適です。

アンダーアーマーのカッコいいロゴが目立ち、周囲の注目は間違いありません。
スポーツマスクが売切続出中の中、アンダーアーマーマスクは直ぐに購入できるので嬉しいです。

野球用品を主に販売するSSKからマスクが登場。
フィット系SCBアンダーシャツ素材を使ったスポーツ専用マスクです。
価格も安価で求めやすいのが特徴です。

野球用品でも有名なローリングスからもマスクが販売されました。
ホワイト以外にもカラフルな様々な色のマスクが販売されているので、お好みに合わせて購入できます。

スポンサーリンク

チームオリジナルマスクを作ろう

外出するときはマスクが必需品になりましたね。
もうファッションの一部になり、しばらくはこの状態が続くと思われます。

チームのオリジナルマスクを作ってはいかがでしょうか。

こちらは「アートワークス  神戸」さんです。
主にチームのオリジナルTシャツを制作、販売されている会社です。

オリジナルTシャツを制作している会社は他にも多数ありますが、安いオリジナルTシャツは印刷した生地を伸ばすとヒビ割れしてしてしまい、せっかく作ったTシャツが直ぐにダメになってしまいます。

しかし、「アートワークス  神戸」さんのオリジナルTシャツは日本に数台しかないTシャツプリンターを使用して印刷するため、印刷部分が一緒に伸びヒビ割れが発生しません。

オリジナルTシャツの他にオリジナルマスクも製作可能なので、是非お問い合わせ下さい!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました