インフィールドフライのルールを分かりやすく解説

ルール

野球のルールで「インフィールドフライ」というルールを説明できますか?

インフィールドフライで落球したりすると混乱してしまう場合もあります。

また、公式戦などの大きな大会でも様々なルールの誤解や知識不足によりトラブルが発生するケースもあります。

今回はインフィールドフライについて現役審判員である私が詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

インフィールドフライとは

インフィールドフライとは、走者が特定の塁にいる状態で容易に捕球できる内野フライに対して審判員がインフィールドフライを宣告して打者を自動的にアウトにするルールです。

野球規則では次のように定められています。

無死または1死でランナーが1・2塁、1・2・3塁にあるとき、バッターが打った飛球(ライナー及びバントを企てて飛球となったものを除く)で内野手が普通の守備行為をすれば捕球できるものをいう。この場合、ピッチャー、キャッチャー及び外野手が内野で前記の飛球に対して守備したときは、内野手と同様に扱う。審判員は、打球が明らかにインフィールドフライになると判断した場合には、ランナーが次の行動を容易にとれるように、直ちにインフィールドフライを宣告しなければならない。また打球がベースラインの近くに上がった場合にはインフィールドフライ・イフ・フェアを宣告する。インフィールドフライが宣告されてもボールインプレイであるから、ランナーは離塁しても進塁してもよいが、そのフライが捕らえられればリタッチの義務が生じ、これを果たさなかった場合には普通のフライの場合と同様アウトにされる恐れがある。たとえ審判員の宣告があっても、打球がファウルボールとなれば、インフィールドフライとはならない。(野球規則 定義40)

スポンサーリンク

インフィールドフライ成立の条件

インフィールドフライが成立するためにはいくつかの条件が必要となります。

必要な条件は以下の4つとなります。
  • ノーアウトまたは1アウトのとき
  • 走者1、2塁のとき、または満塁のとき
  • 内野エリアにフェアフライが打ち上げられたとき
  • 野手が容易に捕球できると審判員が判断してインフィールドフライを宣告したとき

上記の4つの条件が全て揃ったときにインフィールドフライが適応されます。

スポンサーリンク

インフィールドフライが発生したら

インフィールドフライは審判員が宣告した時に初めて効力が発生します。

宣告されたら、打者は必然的にアウトになり、走路から外れプレイから退く必要があります。

各走者は通常のフライと同様の動きとなります。

つまり、野手が捕球後に各塁へ送球した場合、帰塁が遅ければアピールアウトとなります。

また、フライを落球しても打者に対してはアウトが成立しますが、走者は帰塁義務はなくリタッチなしで次の塁へ進塁することもできます。

この場合、打者がアウトになっているため帰塁、進塁ともにタッチプレイとなります。

なぜインフィールドフライというルールがあるの?

インフィールドフライが発生する条件としてノーアウトまたは1アウトの状態が条件です。

そして、走者が1、2塁または満塁の時です。

つまり、フォースプレイの状態でダブルプレーが発生する状態と言えます。

攻撃側の走者は容易なフライが上がると当然ベースへ帰塁しようとします。

守備側のチームが内野フライを故意に落球すると、どうなるでしょうか。

走者は進塁する義務が発生するため簡単にダブルプレーが発生してしまいます。

トリックプレーとは違い、このようなプレイが続くと野球は面白くなくなります。

そのために「インフィールドフライ」のルールが誕生しました。

インフィールドフライと似たルールで「故意落球」というルールがあります。

しかし「故意落球」と「インフィールドフライ」は似たようなルールですが適応が違うため別物と考えてください。

故意落球についての解説はこちらの記事を参考にしてください。
野球のルール故意落球を現役審判員が詳しく解説

インフィールドフライを落球したら?

インフィールドフライというルールは野手が捕球をすればとても簡単なルールです。

しかし、野手が落球したときに様々なトラブルが発生してしまいます。

インフィールドフライと審判員が判断した時「インフィールドフライ」と審判員は人差し指を真上に挙げ宣告します。

そのため、タイムが掛かったと勘違いする選手もいます。

しかし、インフィールドフライはインプレイなのでプレイは継続されます。

打者の動き

守備側の野手が落球しても、インフィールドフライが宣告されれば打者はアウトとなります。

間違えて走塁を続けてしまうと他の走者が混乱して思わぬ事態となるため速やかに走路から外れベンチに帰ります。

走者の動き

走者は次の塁を目掛けて走っても構いません。

フライアウトの場合はタッチアップを行う必要があり野手の捕球を確認後、ベースを再度踏みなおしてから次の塁へ進まなければいけません。

しかし、落球した場合はリタッチ(ベースの踏み直し)の必要はありません。

野手の動き

野手はインフィールドフライが宣告されても確実に捕球することが大切です。

落球してもアウトは成立しますが、インプレー中のため直ぐにボールを拾い次のプレイに備えます。

そして、次の塁へ向けて走っている走者がいれば、その走者をアウトにするようにします。

注意しなければならないのはタッチプレイが必要になることです。

また、フライを捕球しても走者が飛び出していればアピールアウトにすることもできます。

フライがファウルエリア近くに飛んだ場合

インフィールドフライ

野球規則には以下の文書が記載されていました。

打球がベースラインの近くに上がった場合にはインフィールドフライ・イフ・フェアを宣告する。(野球規則 定義40)

日本語に訳すと「もしフェアならインフィールドフライです」という意味です。

つまり、ファウルだとインフィールドフライは成立しません。

ということになります。

ファウルの場合

打球をファウルゾーンで野手が捕球しようとしたが、捕球出来なかった場合はファウルとなります。

また内野エリア上にボールが落ちて野手に触れることなくファウルゾーンでボールが静止した場合もファウルとなります。

そして打者はストライクカウントが増えた状態で再度打席に立つことになります。

ファウルゾーンで捕球した場合

打者のアウトは認められます。

ただし、インフィールドフライのアウトではなくフライアウトとなります。

走者も通常のファウルフライと同じ扱いとなります。

審判員が宣告しなかった場合

インフィールドフライは審判員が宣告して初めて成立します。

明かな凡フライでも審判員が宣告しなければ、ただのフライとなり通常のフライと同様の扱いとなります。

インフィールドフライは、フライが上がった瞬間に宣告するものではなく野手が落下地点に入り確実に捕球できると判断したときに宣告されます。

これは、野球規則でも明確な条件は記載ありません。

あくまでも審判員の判断とされています。

まとめ

インフィールドフライは冷静に考えると、それほど難しいルールではありません。

しかし、頻繁に発生するプレイでもありません。

また、確実に捕球できると判断して宣告されているので落球するようなトラブルも無いことが多いです。

このようなプレイが起きても冷静に判断できるようにルールの勉強もしましょう!

プロ野球見るならDAZN
DAZN(ダゾーン)はスポーツに特化した動画配信サービスです。
様々なスポーツをライブ配信していますが、野球については広島カープ主催のホームゲーム、中日ドラゴンズ主催のジャイアンツ戦以外は試合開始から終了まで全てライブ中継で配信されています。
料金は最初の1か月は完全無料。2か月目以降は月額1,925円でプロ野球ほぼ全ての試合をリアルタイムで視聴することができます。
無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。
また、開幕戦である3月から日本シリーズが開催される10月まで契約を行い、残りの期間は休止の手続きもできるためとてもお得に視聴することができます。
まずは、1か月無料体験でお楽しみください!!
DAZN

 

ルール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野球マニアをフォローする
野球ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました