野球ボークのルールを現役審判員が詳しく解説

ルール

野球のルールで「ボーク」というルールを説明できますか?
ボークとは良く聞く言葉だと思いますが、とても複雑なルールとなります。

今回は「ボーク」について投手のルールと合わせて解説していきますね。

スポンサーリンク

ボークとは

ボークとは、投手が正規の投球をしなかった。また、牽制球などで規則を破った際に課されるペナルティです。

投手には様々な細かいルールが決められており、ルールを守らなければボークとなります。

野球を見ていて、明らかにわかるボークと審判員が宣告しても周りの人がわからない場合もありますが審判員は、プレーヤーのレベルに合わせてボークを宣告しなければなりません。

ボークについては毎年規則が変わるため常に新しいルールを覚えておく事も大切です。

スポンサーリンク

ボークの種類

ボークには様々な種類があり現在野球規則で定められている項目は現在13項目あります。

投手の投球に関するボークから牽制に対するボーク。そして、投球動作に関する項目まで細かく規定されています。

ボークとなる13項目
  • 投手板に触れた状態で投球動作を中止した。
  • 投球板に触れた状態で1塁または3塁へ偽投をした。
  • 投手板に触れている投手が塁へ送球する際に足を塁の方向へ直接踏み出さない。
  • 投手板に触れている投手が走者のいない塁へ送球したり、送球する真似をした。
  • 投手が反則投球をした。
  • 投手が打者に正対しないうちに投球した。
  • 投手板に触れない状態で投球に関連する動作をした。
  • 投手が不用意に試合を遅延させた。
  • 投手がボールを保持しないまま投球に関する動作をした。
  • 投手が正規の投球姿勢から投球以外の行為でボールから一方の手を離した。
  • 投手板に触れている投手が故意に関係なくボールを落とした。
  • 故意四球が企てられたときに投手がキャッチャーボックスの外にいる捕手に投球した。
  • 投手がセットポジションから完全に静止することなく投球した。

上記の13項目が公認野球規則(6.02a)項に記載されている内容となります。

後ほど詳しく解説していきます。

また、投手にはボーク以外にも様々なルールが取り決められています。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

ボークに対するペナルティ

ボークを犯してしまった場合、ランナーがいる場合にはランナーそれぞれ1つずつの安全進塁権が与えられます。
この時は、ストライク・ボールのカウントはしません。

ランナーがいない場合は、ボールがカウントされます。

また、ボークの投球を打者が打ち返してヒットになった場合には、ボークは無かった事になり
ヒットの記録が優先されます。
しかし、アウトになったり空振り、見逃しなど打者が不利な状況であればボークが適応されます。

ボークの場合、投球扱いになるの?

学童野球や少年(中学)には現在、1日で投球できる投球制限が設けられています。

この場合、ボークとして投球された1球はどう処理するのか問題となります。

これは、軟式野球連盟で規定があるように投球としてカウントすることとなります。

走者がいない場合の扱い方

塁上にランナーがいない場合は打者に対してボールが付与されるのでしょうか。

結論から言うとボークにはなりません。ノーカウントです

ただし、投手の手から離れたボールがファウルラインを通過してしまえばボールとなってしまいます。

ボークの解説

それではボークに該当する13項目を順番に解説していきます。

投手板に触れた状態で投球動作を中止した

野球規則5.07a(1)および(2)項に定める投球動作に違反した場合とあります。

投手はワインドアップまたはセットポジションの状態から投球を開始することができます。

このワインドアップ、セットポジションには様々なルールがあり、このルールを守り投球動作を途中で中断することなく投球をしなさいという規則です。

投球板に触れた状態で1塁または3塁へ偽投をした

この規則は2017年から適応されたルールで、ようやく浸透したルールと言えます。

簡単に言えば、投手板(プレート)を踏んだ状態で1塁または3塁への偽投(投げる真似)はダメだという事です。

ここで注意が必要なのは投手板上で足を外したと認識して偽投をする行為です。

これは正規にプレートを外したとは認められずボークが適応されます。

2塁への偽投は投手板を外さなくてもボークとはなりません。

投手板に触れている投手が塁へ送球する際に足を塁の方向へ直接踏み出さない

1塁または3塁へ牽制する際に、ベース方向へ足を踏み出さなければいけません。

ホームプレート方向へ足が向いていたり、足を踏み出さずに手のみで牽制した場合にはボークとなります。

また、足を踏み出す前に身体の向きを変えたり足を少しだけ上げて送球する行為もボークの対象となりますが、明確な規定はなく最終的には審判員の判断となります。

投手板に触れている投手が走者のいない塁へ送球したり、送球する真似をした

ランナーがいない塁に牽制をすれば、ボークとなります。

実際に、2020年にプロ野球のヤクルトスワローズの外国選手がランナーのいない塁へ牽制をしてボークの対象となりました。

この時は悪送球も重なりインプレーでプレーが流れました。

しかし、必要なプレーであればランナーがいない塁へのけん制も認められます。
例えば、ランナー1塁で牽制をしようとしたがランナーが飛び出し2塁へ向かった。この時はランナーを刺す必要なプレーであるため、2塁へのけん制も認められます。

 

投手が反則投球をした

打者が打つ姿勢を開始していない時に投球を開始すると反則投球となります。

これをクイックピッチと言い、クイックピッチを行うとボールが宣告されてしまいます。

ランナーがいる場合のはボークとなり進塁ができます。

クイックピッチは非常に危険な投球であり必ず、打者が打撃をする構えを確認した後に投球を開始しなければいけません。

投手が打者に正対しないうちに投球した

これはクイックピッチと類似した規則になりますが、明確な規定がありません。

例えば1塁または3塁にランナーがいる場合、投手はランナーを見ながら投球をします。

厳密にいえば、これもボークの扱いとなりますが打者に「これから投球にはいるぞ」ということを認識させないまま投球をしたらボークとなると解釈できます。

投手板に触れない状態で投球に関連する動作をした

投手はマウンド上に埋め込んである投手板(プレート)を踏んだ状態で投球をしなければなりません。

これは、投球を開始してボールが手から離れるまで常に投手板を踏んだ状態で投げることを意味します。

例えば、右投手が投手板ギリギリの所にかかとを置き投球を開始したとします。

この場合ボールが離れる瞬間は、かかとが宙に浮き、つま先も投手板から離れる状態になります。

これでは常に投手板を踏んだ状態では無いためボークとなります。

 

投手が不用意に試合を遅延させた

例えば、塁へ牽制する際に山なりのボールを投げ、野手も走者に対してタッグ行為をしない行為は不必要な行為であり、試合の遅延行為となりボークとなります。

この規則については選手がボークの対象となる事を理解していないことが多く、近年は試合時間の短縮が課題となっており試合をスムーズに進めるためにも理解しておく必要があります。

また、走者がいないときには12秒以内、走者がいるときには20秒以内に投球を開始しないとボールが宣告されます。

投手がボールを保持しないまま投球に関する動作をした

投手はボールを持たないで投手板に立ったり、またいだりして打者または走者を騙す行為をしてはいけません。

例えば、いわゆる隠し玉をする際に投手がボールを保持しないままマウンド付近をウロウロしている行為も本項が適応されボークとなります。

 

投手が正規の投球姿勢から投球以外の行為でボールから一方の手を離した

投手が投球姿勢を取ったら投球以外の行為をしてはいけません。

例えば、投手板を踏んだ状態で一度合わせた手を離した場合は投球動作の中断と本項が適応されボークとなります。

この場合、まず投手板を外したのちに手を離さなければなりません。

投手板に触れている投手が故意に関係なくボールを落とした

投手が投手板に触れている状態で故意であろうと偶然であろうとボールを落としてしまった場合はボークとなります。

故意四球が企てられたときに投手がキャッチャーボックスの外にいる捕手に投球した

別名、キャッチャーボークとも言います。

捕手は投手がボールを離すまではキャッチャーボックスに両足を置かなければいけません。片足でも投球前に出ていればボークとなります。

実際に、高校野球の地方大会決勝戦でも、このボークによりサヨナラ負けしたチームもありました。

大切な場面で失敗しないためにも日頃のルールの勉強も大切です。

投手がセットポジションから完全に静止することなく投球した

投手はランナーがいる場合、セットポジションの状態から完全に静止をしてから打者に対して投球する義務があります。

完全静止の判断は審判員の判断になり、何秒間静止しなければならないなどの決まりはありません。

ランナーがいない状態では完全静止する必要はありません。

規則改正について

規則改正で一番変更が多いのは、ボークについての規則です。

2020年もボークについての規則変更がありました。
変更については以下のようになります。

  • 投球動作をする際にボールでグラブを叩く動作をボークとしない
  • 二段モーションはボークの対象とならない。

この2点が2020年からボークの対象として外れました。
この規則については2019年にボークの対象となる。しかし、2020年には対象外となった規則です。

野球規則の文章が変更になったことにより解釈の仕方が変わったためです。

しかし、二段モーションはOKでも投球動作中に自由な足を止める事はボークの対象となるので注意してください。

まとめ

今回はボークについて紹介しました。

ボークについては明確な基準がなく審判員の判断になる事が多く、審判員同士でもボークを適応するか否か日々情報交換を行っているくらい複雑なルールとなります。

また、ボークについては毎年ルール改正で変更になる事が多いので常に最新情報を頭に入れておきましょう。

ルール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野球マニアをフォローする
野球ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました