野球捕手の役割を詳しく解説します。

練習

野球の捕手(キャッチャー)は投手の次に重要な役割を果たします。捕手の役割や投手の球を受けるだけではなく、走者に対しての送球、サイン交換、野手への指示など様々な事をする必要があります。
今回は、捕手(キャッチャー)の役割と重要性を詳しく解説します。

スポンサーリンク

フレーミング

捕手の一番の仕事は、投手からの投球を捕球する事です。
まずは、後ろに後逸しないように確実に捕球する事が必要ですが、「フレーミング」がとても大切となってきます。

フレーミングとは捕球の際に、球審(審判)にストライクをストライクとコールしてもらえるようにキャッチング技術を向上させることです。

フレーミングとはボール球をストライクに見せる(騙す)技術と勘違いしている人もいますがこれは大きな間違いです。

逆に捕球が下手な捕手はストライクであってもボールとコールされてしまう場合もあります。

現在の野球では、捕球する際にミットをストライクゾーンに動かして捕球すると審判員を侮辱している行為として指導を受けます。メジャーでは100%ストライクをコールしてもらえません。
したがって、捕球したミットを動かす事無く捕球する技術が必要がありミットを動かすだけでは無く、捕球体制・捕球音などもフレーミングの技術と言えるでしょう。

フレーミングのポイントとしては以下のようなものがあります。

  • 捕球した際にミットがボールの勢いに負け垂れないようにする。
  • ミットの芯で捕球を行い音を良くする。
  • 逆球の際は、手だけで取りに行かず身体を使う。
  • 捕球面がアピール出来るように猫背気味に構える。

特に捕手は投手が投げやすいように大きく構えろと指導される人が多いですが、大きく構えると審判員は捕手が邪魔となり捕球が見えません。
捕手は猫背になるよう構えると捕球が見えやすくなり、上手な捕手程ストライクゾーンの判定がブレません。

そして、ゲームの早い段階で球審のストライクゾーンを確認し修正が必要となります。
投手や、捕手の感覚で頑固にストライクゾーンを決めつけ試合が終わるまで貫き通すバッテリーもいますが、ほとんどが自滅してしまいます・・・。

スポンサーリンク

配球

捕手は、相手チームのクセや、試合の状況などを考え投手になげさせるコース、変化球の指示をサインを使い投手とやり取りしなければなりません。

ストライクを投げさせるため真ん中だけの投球では簡単に打たれてしまいます。

つまり、投球の組み立てが大切です。

投球の組み立てをするときに次の事を考え組み立てなければいけません。

  • 配球
  • 投手の調子
  • 打者のクセ・特徴
  • 試合の状況

このような投球の組み立てをすることにより、投手の長所を最大限生かし試合を有利に進めることができます。

スポンサーリンク

スローイング

捕手には肩の強さと捕球後に素早く各塁へ送球できる能力も必要となってきます。
肩が弱いと、ランナーを出塁させ3塁までフリーパス状態になると相手の作戦にかき回され毎回大量失点というケースも珍しくありません。

 

また、肩の強さだけではなくベースの真上へ低い球を投げるスローイングの正確性も必要となります。

後ろへ逸らさない

投手の投球は、ど真ん中だけではありません。
ワンバンドするような球なども身体を使い捕球する必要があります。

 

打者を打ち取るためには低めに落ちる変化球なども混ぜて配球する必要があります。
ワンバウンドを後ろに簡単に後逸してしまうような捕手だと投手も安心して投球する事が出来なくなり投球にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

何処へ投げても捕球してくれる捕手であれば投手も安心して腕を振って投げる事ができます。

ポジショニングの指示

試合状況や打者のクセを考え周りの野手にポジショニングの指示を出すことも大切な役割となります。

  • バントシフト
  • 前進守備
  • 中間守備
  • 長打警戒
  • ゲッツーシフト

このようにポジショニングは多岐にあり、的確な指示が必要となります。

 

場面によっては1点を許してよいケースと、1点も与えれなケースなどあります。

このような時に捕手が、どの塁でアウトを取るのか。そのためには何処にポジショニングしておかなければいけないのかなど的確に指示を出す必要があります。

ベースカバー

内野ゴロや、外野からの送球のカバーなども捕手の重要な役割となります。

 

例えばランナーが無い状況で内野ゴロが打たれ1塁へ送球された際に、カバーに回るのは捕手です。

最近は面倒臭がりの捕手が増え1塁までカバーリングに走らない捕手も多いですが、1塁守が捕球できないとランナーは3塁まで進塁してしまう場合もあります。

 

このように無駄な得点を与えないためにも捕手のカバーリングは大切となり、重たい防具を装着したまま全力で走る事はとても大変なことですが、チームのためにはとても重要となります。

おすすめ教科書

捕手・キャッチャー育成バイブル。
キャッチング・ブロック・リード・スローイングの悩みを侍ジャパン社会人代表コーチが練習方法を公開。

根拠に基づくリード法をたっぷり紹介。

里崎智也氏は現役時代、千葉ロッテマリーンズで活躍。捕手能力の高さや、打撃での勝負強さを誇り、ロッテのシーズン3位からの「下剋上」日本一や、日本代表のWBC世界一にも貢献。現在は、常識にとらわれない斬新な視点で評論する異端解説者として、そして人気ユーチューバーとしても高く評価され、多くのファンの支持を得ています。
本書は、そんな里崎氏による「目からウロコ」のキャッチャー論。「捕手的視点」の様々な極意、活用法を伝授します。

キャッチャーを志すプレイヤーから、その指導者・両親に贈る「キャッチャー育成の考え方」が詰まった1冊。NPB歴代最多3021試合出場の捕手、谷繁元信はいかにして「一流の捕手」になったのかが分かる。

 

練習
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野球マニアをフォローする
野球ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました