お父さん審判必見!野球の特殊なプレイ(インターフェア)の判定方法を解説します。

審判

野球の審判で迷うことが多い特殊なプレイ。

ストライク、ボールなどの基本的な判定は出来るけど、打撃妨害や走塁妨害が発生した時に戸惑ってしまうことが多いです。

今回はお父さん審判でも迷わないように現役審判員が詳しく解説します。

スポンサーリンク

インターフェア

特殊なプレイで一番多い判定が「インターフェア」です。

インターフェアは、打者や走者の状況などにより処置の方法が変わってきます。

ルールを十分に理解していないと判定をする際に間違った判定方法をしてしまうため注意が必要です。

インターフェアについての解説は以下の記事を確認してください。

野球インターフェアのルールを現役審判員が詳しく解説

スポンサーリンク

捕手によるインターフェア

打者がバットを振った時に捕手のミットに当たった場合は、打者の打撃が優先されます。

そして、打者の打撃を妨害したとして攻撃側のチームが有利になるようルールが決められています。

この妨害はキャッチャーの妨害が故意で無くても適応されます。

これを打撃妨害(インターフェア)と呼びます。

そして、打撃妨害が発生(確認)したら、慌てずに次のことを確認してください。
  • 空振りをしたか
  • 打者がボールを打ち返したか

この2つのパターンにより最初の判定方法が変わります。

打者が空振りをした

打者が捕手のミットに妨害され空振りをした場合はボールデッドとなり、打者を1塁へ進塁させます。

審判(球審)の流れは以下のようになります。
  1. 妨害が発生
  2. 審判「タイム!」をジェスチャーと声でコールする
  3. キャッチャーの正面に出て、指をさし「キャッチャー イズ インターフェアランス」とコールする
  4. そして打者を1塁へ進塁させる
  5. 次の打者が打席に入り、プレイをかけて試合再開

塁上に走者がいた場合はフォースの状態であれば走者は進塁します。

例えば走者が2塁のみの場合であれば、2塁へ残ったままで進塁はできません。

ただし、2塁走者が盗塁を行っていれば3塁への進塁は認められます。

次の場合、打者を除く各走者は、アウトにされるおそれなく1個の塁が与えられる。

走者が盗塁を企てたとき、打者が捕手またはその他の野手に妨害(インターフェア)された場合。(規則5.06b(3)(D))

打者がボールを打ち返した

打ち返したボールがファウルとなった場合は「打者が空振りをした」ケースと同じ処置をします。

打者が妨害されながらも打ち返しフェアとなった場合、審判はベース付近を指さしながら「インターフェア」とコールします。

そして、プレイを継続させます。(タイムは絶対に宣告してはいけません)

プレイが落ち着いてから「タイム」を宣告してボールデットとします。

この時点ではボールデットとなりプレイが止まっています。

落ち着いて以下の状況を確認してください。
  • 打者走者が1塁でセーフまたは1塁以上の進塁をしたか
  • 打者走者が1塁上でアウトになったか

打者走者が1塁でセーフまたは1塁以上の進塁をした場合

打者に不利な状況が発生していないためインターフェアは無かったこととなり試合再開です。

打者走者が1塁上でアウトになった場合

インターフェアを宣告して打者走者を1塁へ残塁させます。

塁上に走者がいた場合は進塁を認めずプレイ前の塁へ帰塁させます。

審判(球審)の流れは以下のようになります。
  1. 妨害が発生
  2. 審判はベース付近を指さしながら「インターフェア」とコールする
  3. プレイを継続させプレイが落ち着くまで待つ
  4. プレイが落ち着いたら「タイム」を宣告する
  5. キャッチャーの正面に出て、指をさし「キャッチャー イズ インターフェアランス」とコールする
  6. 打者走者を1塁へ残塁させる
  7. 走者がいたら元の塁へ戻す
  8. 本部へ向け左手を「パー」の形にして右手で手の甲をトントンと叩きインターフェアフェアランスと宣告する
  9. 監督の選択権があれば聞く

プレイによっては「監督の選択権」が発生する場合があります。

監督の選択権についての解説は以下の記事を確認してください。

野球のルールで監督の選択権とは?

スポンサーリンク

打者によるインターフェア

打者によるインターフェアとは、走者が盗塁を企てたときに打者が捕手の送球を妨害した場合です。

この場合も、盗塁を企てた走者が「アウト・セーフ」どちらになるかで判定の方法が変わってきます。

したがって、妨害が発生したときにタイムを宣告しボールデットにしてはいけません。

捕手の送球を妨害した場合についての解説は以下の記事を確認してください。

キャッチャーの送球を妨害したらどうなる?

走者がアウトになった場合

妨害されたキャッチャーに不利な状況が発生していないためインターフェアは無かったこととなり試合再開です。

打者に対してもペナルティはありません。

走者がセーフになった場合

打者は「インターフェア」でアウトとなり、走者は元の塁へ戻ります。

審判(球審)の流れは以下のようになります。
  1. 妨害が発生
  2. 審判は打者を指さしながら「インターフェア」とコールする
  3. プレイを継続させプレイが落ち着くまで待つ
  4. プレイが落ち着いたら「タイム」を宣告する
  5. 打者の正面に出て、指をさし「バッター イズ インターフェアランス」とコールする
  6. 走者を1塁へ帰塁させる
  7. 次の打者が打席に入り、プレイをかけて試合再開

打者が三振した投球で妨害が発生した場合は打者は三振で「アウト」走者も「アウト」となります。

まとめ

複雑な判定方法を紹介してきました。

インターフェアが発生した際には、慌てずに冷静に判断をすることが大切です。

子どもたちが頑張って試合をしているので、お父さんも大きな声で元気に自信を持ってジャッジをしましょう!

審判
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野球マニアをフォローする
野球ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました