野球のルール 反則打球を現役審判員が詳しく解説

ルール

野球のルールで「反則打球」というルールをご存知ですか?

反則打球とういルールは打者が打撃の際に注意をしなければならないルールです。

この記事では反則打球のルールを現役審判員が詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

反則打球とは

反則打球とは打者が打席に立ち、打撃をする際にバッターボックスからはみ出してはダメというルールです。

公認野球規則では「打者の反則行為によるアウト」として明記されています。

次の場合、打者は反則行為でアウトになる。
(1)打者が片足または両足を完全にバッタースボックスの外に置いて打った場合。(公認野球規則6.03a(1))

野球規則で定められているように、打者が片足または両足を完全にバッターボックスの外に出て打つアウトになるとされています。

つまり、片足または両足のすべてがバッターボックスの外に出た場合にアウトとなり、足の一部がボックス内の線に置いてあれば大丈夫という解釈になります。

空振りをしたらストライク

片足または両足の足が完全に出た状態で空振りした場合にはどうなるのでしょうか。

答えは、空振りしたと見なされストライクの判定となります。
これが第三ストライクになれば打者は三振となります。

ファウルを打っても打者はアウト

それでは、片足または両足の足が全て出た状態で打った打球がファウルになった場合はどうなるのでしょうか。

これも結論から言えば、反則打球が適応され打者はアウトとなります。

(原注)本項は打者がバッターボックスの外に出てバットにボールを当てた(フェアかファウルかを問わない)とき、アウトを宣告されることを述べている。球審は故意四球が企てられているとき、投球を打とうとする打者の足の位置に特に注意を払わなければならない。打者はバッターボックスから飛び出したり、踏み出して投球を打つことは許されない。(公認野球規則6.03a(1))

野球規則でも明確に「フェアかファウルかを問わない」と記載されておりアウトが宣告されるわけです。

また、審判員は足がはみ出した事を確認したら直ぐにボールデッドとして、反則打球を適応します。

地面に足をつけずに空中で打球を打った場合

スクイズなどのプレーでよく見かけるプレイです。

たとえば、バッテリーはスクイズを警戒して外角へ大きく外して投球をした。
打者は何とかスクイズを成功させようとして、バッターボックスのラインよりはみ出し空中でバットに当てた。
打者は着地した時にバッターボックスのラインより完全にはみ出した状態で着地した。

この場合、反則打球は適応されません。正規のプレーとして扱われプレー続行です。

このように打撃をする(インパクト)の瞬間に打者の足がどこにあるかで判断されるわけです。

スポンサーリンク

バッターボックスで投球を待ち構えている状態では

それでは、打者がバッターボックス内で投球を構えている状態で足が出ていたら反則打球となるのでしょうか。

この場合、反則打球の適応方法と解釈が変わり、構えている状態では少しでもラインより外に足が出ていれば反則となります。
ライン上に足を置く場合は問題無いのですが、つま先の一部など少しでも足が出ていれば違反です。

構えている状態で違反をしたら

それでは、守備側から構えている状態で足が出ているとアピールがあればどうなるのでしょうか。

厳密にいえば規則違反でアウトとなるのかもしれませんが、野球規則にもこのような場合の対処法は明記されていません。

捕手からのアピールまたは審判員が見て足が出ていると判断すれば打者に注意をして構える位置を修正させる方法が一般的です。

スポンサーリンク

塁上のランナーは戻る

打者に対して反則打球が適応された場合はボールデッドとなります。
そして、塁上にランナーがいる場合は元の塁へ帰塁します。

反則打球の場合──各走者は戻る。(野球規則5.06c(4))

今までのルールとの違い

走者3塁の場面でスクイズプレイが行われたとします。
打者は何とかバットに打球を当てたが、片足が完全にバッターボックスからはみ出していた。

このようなケースの場合2005年までのルールでは打者がアウトにされることなく、三塁にいる走者がアウトとされてきました。

しかし、2006年にルール規則の改正が行われ以下のように処置することとなりました。

打者:野球規則6.03a(1)を適応し反則打球としてアウトとする。
走者:野球規則5.06c(4)を適応し元の塁へ戻る

常にルールが改正されるため最新のルールを把握しておきましょう。

このプレイはどうなるの?

それでは、反則打球に関するちょっと変わったプレーをご紹介します。
ケースによっては、反則打球で助かったというケースもあります。

 
(ケース1)スクイズプレイの場合
  1. 走者3塁の場面でスクイズプレイが企てられた。
  2. 打者は何とかバットに打球を当てたが、片足が完全にバッターボックスからはみ出していた。
  3. 走者は3塁から本塁へ向かいクロスプレーとなったが、判定はアウトのタイミングであった。

走者をアウトにした方が守備側にとっては有利なのですが、反則打球が発生した段階でボールデットになります。
そして、以降のプレーは無効となります。
打者は反則打球でアウト。走者は3塁へ戻されプレイ再開となります。

 
(ケース2)送りバントの場合
  1. 走者1塁で送りバントが企てられた。
  2. 打者はバッターボックスから足が完全にはみ出した状態でバントを行った。
  3. しかし、バントした打球はフライボールになってしまった。
  4. フライとなった打球を野手は地面に着地する前に捕球した。
  5. そして、野手は飛び出していたランナーもアウトにしようと1塁へ送球した。

フライアウトとなり、飛び出していた走者もアピールによりアウトが成立してダブルプレーの方が守備側にとっては有利です。
しかし、反則打球が発生した段階でボールデットになります。
そして、以降のプレーは無効となります。

打者は反則打球でアウト。走者は1塁へ戻されプレイ再開となります。

どちらのプレイにも共通して言えますが、監督の選択権は当然に発生しません。

 
(ケース3)超難問
  1. 走者3塁の場面。
  2. 投手はセットポジションの状態で待機していたところ、3塁走者が隙をついて本塁へ向かって走り出した。
  3. 投手はプレートを外し、本塁へボールを投げた。
  4. 打者は投球と勘違いして、バッターボックスから足が完全にはみ出した状態で送球を打ってしまった。

このようなケースは、バッターボックスから足が完全にはみ出した状態で打っても反則打球は適応されません。
注目するポイントとして投手はプレートを外し、本塁へボールを投げた。という部分です。

つまり、投球ではない為「反則打球」ではありません。
投手が走者をアウトにしようとする正規のプレーとして扱われ、野手を妨害したとして「インターフェア」が適応されます。

投手が投手板を正規に外して、走者をアウトにしようとして送ったボール(投球でないボール)を打者が打ったりして、本塁の守備を妨げた場合には、妨害行為を行なった打者をアウトにしないで、守備の対象である走者をアウトにする規定である。(野球規則(5.09b(8)注2)抜粋

野球規則でも記載されているように、この場合は打者がアウトにはならず、守備の対象である走者をアウトとします。

反則打球が起こりやすいプレー

反則打球が起こりやすいプレーと言えば、スクイズまたはエンドランです。

バッテリーは、スクイズまたはエンドランを警戒して外角に大きく外す可能性があります。
打者も何とかバットに当てようと、無理矢理打ちに行くため反則打球が起こりやすいと言えます。

審判員(球審)はボールを見ると同時に足がバッターボックスから完全にはみ出してないか見ておく必要があります。
キャッチャーも注意深く見ておけば審判員にアピールすることができます。

白線が見えない・・・

アマチュア野球でよくあるのが、試合終盤になると白線が消えて境目がほとんど分からない状況がよくあります。

プロ野球などでは試合中に何回もグランド整備がされ、常にきれいな状態で試合が出来ます。
しかし、アマチュア野球の場合は試合中のグランド整備は、ほとんど行われません。

このため足が完全に出ているのか否かの判断が難しくなります。

私の場合、ラインギリギリの所に指で線を良く引きます。
自分が線の境目を分かりやすくする事は勿論です。
選手にも「線から出るなよ。審判は意識して見ているぞ」と無言のプレッシャーを与えることができます。

まとめ

バッターボックスからはみ出して打つとアウトになるというという事はよく知られていますが、ファウルになったり、空振りした時はどうなるのかなど詳しいルールまでは良く知られていません。

この記事を読んで反則打球についての理解を深めてください。

以下の記事にも様々なルールについての解説をしていますので参考にしてください。

プロ野球見るならDAZN
DAZN(ダゾーン)はスポーツに特化した動画配信サービスです。
様々なスポーツをライブ配信していますが、野球については広島カープ主催のホームゲーム、中日ドラゴンズ主催のジャイアンツ戦以外は試合開始から終了まで全てライブ中継で配信されています。
料金は最初の1か月は完全無料。2か月目以降は月額1,925円でプロ野球ほぼ全ての試合をリアルタイムで視聴することができます。
無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。
また、開幕戦である3月から日本シリーズが開催される10月まで契約を行い、残りの期間は休止の手続きもできるためとてもお得に視聴することができます。
まずは、1か月無料体験でお楽しみください!!
DAZN
ルール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野球マニアをフォローする
野球ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました