野球のダートサークルの意味を現役審判員が詳しく解説

ルール

野球場でダートサークルとは何かわかりますか?

ダートサークルの意味や役割はわかりますか?

ダートサークルとはホームベース付近に描かれた半円の円であり、このダートサークルにもしっかりと役割と意味があります。

今回はダートサークルについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ダートサークルとは?

ダートサークルとは、野球場のホームベース付近に白線で描かれた半円の部分をダートサークルと言います。

以前のルールではダートサークルは設けられておらず、2007年より日本の野球規則に登場しました。

一番の役割は、振り逃げや打者の打撃意欲の有無に関わっています。

例えば、打者が振り逃げの権利が発生している場合は捕手のタッチまたはベースへのボール転送が必要になります。
しかし、打者に振り逃げの権利が発生していても打者が自らこのダートサークルから出てベンチに帰ろうとすればプレーを放棄したと見なされ打者はアウトとなります。

野球規則では「ホームプレートを囲む土の部分」として明記されています。
意味のない飾りの線にも見えますが「ホームプレートを囲む土の部分」つまり、ダートサークルを打者が出るか出ないかでルールが大きく変わってくる大切な円となります。

振り逃げについてのルールは以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

ダートサークルの大きさ

ダートサークルにも大きさが決められており、学童野球と一般の試合では大きさが異なります。

お父さんの中には、子供の練習試合などで球場のラインを引いたりする機会もあると思います。
ダートサークルの大きさと引き方を覚えておきましょう。

野球規則及び軟式野球の追加項目である競技者必携には以下の大きさと定められています。

学童用 一般
6m60.5㎝の円 7m92.5㎝の円

中途半端な大きさだと感じると思います。

これには理由があり、プロとアマチュア共通のルールブックである野球規則にはアメリカ基準の「フィート」で明記されています。

これでは日本人が分かりにくいという事もあり日本の基本である「センチ」表記した場合、このサイズとなってしまうわけです。

厳密に言えば正確な大きさで円を描く必要がありますが、地方の大会や練習試合を行うアマチュア野球に於いて正確な寸法を測る設備と環境は整っていません。

したがっておおよその寸法でラインが引いてあれば問題ありません。

おおよその目安として学童用は半径3m30㎝、一般用は半径4メートルと覚えておけば良いでしょう。

そして、この円をホームベースの先端(捕手側のとがった場所)にメジャーを置き円を描くとダートサークルの完成です。

また、注意する部分としてフェア・ファウルの境目となるホームベースと1塁または3塁を結ぶ線がダートサークルの線と引っ付かないようにする必要があります。

必ず約90㎝空けるようにします。

これは、フェア・ファウルの判定が行いやすいようにするためです。

スポンサーリンク

一度入ったら勝手に出られない

打者は自分の打順が回って来ると速やかにバッターボックスへ入り打撃姿勢を取らなければなりません。

そして打者は勝手にダートサークル(ホームプレートを囲む土の部分)を出てはいけません。

勝手に出てしまった場合は打撃放棄とみなし「アウト」を宣告される場合もあります。

ダートサークルを出たらダメな場合

野球規則では「ダートサークル」と「バッタースボックス」の二つが明記されています。

ダートサークルとは、ホームプレートを囲む土の部分

バッタースボックスとは、打者が打撃を行うバッターボックスと言われる部分になります。

野球規則では、以下のように記載されています。

打者は打撃姿勢をとった後は、次の場合を除き、少なくとも一方の足をバッタースボックス内に置いていなければならない。この場合はバッタースボックスを離れても良いが、”ホームプレートを囲む土の部分”を出てはならない。(野球規則5.04b(4)A)

このように記載がされている事から勝手にホームプレートを囲む土の部分つまり、「ダートサークル」から出てはいけないと解釈できます。

それでは、どのような場面で勝手に出てはダメなのでしょうか。

野球規則では以下のように記載されています。

(ⅰ)打者が投球に対してバットを振った場合。

(ⅱ)チェックスイングが塁審にリクエストされた場合。

(Ⅲ)打者が投球を避けてバランスを崩すか、バッタースボックスの外に出ざるを得なかった場  合。

(ⅳ)いずれかのチームのメンバーが”タイム”を要求し認められた場合。

(ⅴ)守備側のプレーヤーがいずれかの塁で走者に対するプレイを企てた場合。

(ⅵ)打者がバントをするふりをした場合。

(ⅶ)暴投または捕逸が発生した場合。

(ⅷ)投手がボールを受け取った後マウンドの土の部分を離れた場合。

(ⅸ)捕手が守備のためのシグナルを送るためキャッチャースボックスを離れた場合。                                   (野球規則5.04b(4)A)

このようなケースではバッタースボックスからは出ても良いが、バッターボックスから大きく離れダートサークルを出と試合を遅延させてしまうため出てはダメですと明記されています。

仮にこのような場面で何度もダートサークルを出てしまうとメジャーリーグでは制裁が科されるなど重い処分が下されてしまいます。

日本では「各リーグの規定に従う」とされています。

アウトが宣告される場合

基本的にはダートサークルを出ても注意で済まされます。
しかし、「アウト」と宣告される場合があります。

第3ストライクと宣告されただけで、まだアウトになっていない打者が、気が付かずに、一塁に 向かおうとしなかった場合、その打者は〝ホームプレートを囲む土の部分〟を出たらただちにアウトが宣告される。(野球規則5.05a(2)原注)

 
アウトが宣告される場合
  1. 振り逃げが成立する場面で打者がダートサークルを出てベンチに帰ろうとした場合。
  2. 打者がカウントを間違え三振だと思い込みダートサークルを出てベンチに帰ろうとした場合。

このような場面では打撃放棄として打者はアウトとなります。
放棄した事を明確にするためにダートサークルが設けられたと言って良いでしょう。

ダートサークルを出ても良い場合

逆に以下の場合はダートサークルを出てもいいと明記されている行動もあります。

打者は、次の目的で”タイム”が宣告されたときは、バッタースボックスおよび”ホームプレートを囲む土の部分”を離れることができる。

(ⅰ)負傷または負傷の可能性がある場合。

(ⅱ)プレーヤーの交代

(Ⅲ)いずれかのチームの協議。                                                            (野球規則5.04(B))

基本的にプレーの続行が困難になった場合に限りダートサークルを出ても良いと解釈できます。

まとめ

野球場で何気なく描かれているホームプレート付近の半円である「ダートサークル」実はこのような大切な役割があったという事がわかりましたね。

そして子供の野球などで役員に回る機会の多いお父さんにもダートサークルの大きさからラインの引き方まで理解できたと思います。

野球の知識として覚えておきましょう。

その他にも打者のルールが存在しますのでこちらの記事も併せて参考にしてください。

プロ野球見るならDAZN
DAZN(ダゾーン)はスポーツに特化した動画配信サービスです。
様々なスポーツをライブ配信していますが、野球については広島カープ主催のホームゲーム、中日ドラゴンズ主催のジャイアンツ戦以外は試合開始から終了まで全てライブ中継で配信されています。
料金は最初の1か月は完全無料。2か月目以降は月額1,925円でプロ野球ほぼ全ての試合をリアルタイムで視聴することができます。
無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。
また、開幕戦である3月から日本シリーズが開催される10月まで契約を行い、残りの期間は休止の手続きもできるためとてもお得に視聴することができます。
まずは、1か月無料体験でお楽しみください!!
DAZN
 
ルール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野球マニアをフォローする
野球ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました