野球でグローブを投げてボールを止めたらどうなるの?

ルール

野球の試合中にグローブを投げてボールを止めたらどうなるのでしょうか。

私も幼い頃、近所の友達と公園で野球をした時など、ふざけてグローブを投げてボールを止めたことはありますが実際の公式戦で見たことはありません。

しかし、野球のルールが記載された「公認野球規則」にはグローブなどを投げてボールを止めた時のルールも記載されています!

それでは、現役審判員である私が詳しく解説していきますね!

スポンサーリンク

グローブを投げてボールを止めたときのルール

結論から言うと、公認野球規則にも明確に記載されており「3個の安全進塁権」が与えられます。

3個の塁が与えられる場合──野手が、帽子、マスクその他着衣の一部を、本来つけている個所から離して、フェアボールに故意に触れさせた場合。
この際はボールインプレイであるから、打者はアウトを賭して本塁に進んでもよい。(野球規則5.06(4)(B))

3個の塁が与えられる場合──野手が、グラブを故意に投げて、フェアボールに触れさせた場合。
この際はボールインプレイであるから、打者はアウトを賭して本塁に進んでもよい。
【注】 ここにいうフェアボールとは、野手がすでに触れていたかどうかを問わない。(野球規則5.06(4)(C))

このように、野手が帽子、マスク、グローブなど自分が身につけているものを故意にフェアボールに触れさせると3個の安全進塁権が認められます。

ここで言う「 フェアボールに触れさせる 」とは、「ボールに投げつけて止める」と解釈できます。

また、故意に触れさせた場合のみに適応されるため、打球または送球の勢いにおされて、野手の手からグラブが脱げたとき、あるいは正しく捕らえようと明らかに努力したにもかかわらず、野手の手からグラブが脱げた場合などには適応されません。(規則5.06原注)

フェアの打球に対して、グローブなど自分の身に着けているものを故意にボールに当てて止めると3個の安全進塁権が認められる。

グローブなどをボールに投げる行為はインプレー

野手がグローブなどをボールに投げる行為はインプレーとなります。

例えば、走者1塁の場面で考えると以下の3つのパターンが考えられます。

(パターン1)
打者が強烈な3塁線に打球を放った。
その時、3塁手がグラブを投げ妨害行為が発生。(走者は妨害行為時には次の塁に達していない)
外野が直ぐにゴロの打球を捕球したため走者、打者はそれぞれ1個しか進塁出来なかった。
結果⇒プレーが落ち着いてから1塁走者は本塁まで、打者は3塁までそれぞれ安全進塁権が与えられます。
 
(パターン2)
打者が強烈な3塁線に打球を放った。
その時、3塁手がグラブを投げ妨害行為が発生。(走者は妨害行為時には次の塁に達していない)
外野もカバーが遅れたため走者は本塁まで、打者も本塁まで達した。
結果⇒それぞれの走者が3個以上の進塁を行っているので、このまま継続となる。
 
(パターン3)
打者が強烈な3塁線に打球を放った。
その時、3塁手がグラブを投げ妨害行為が発生。(走者は妨害行為時には次の塁に達していない)
外野もカバーが遅れたため走者は本塁まで、打者も本塁まで達した。
しかし、打者が本塁に到達した所で外野からの返球があり本塁でのクロスプレーの結果、打者走者は「アウト」となった。
結果⇒それぞれの走者が3個以上の進塁を行っているのでプレーが生かされる。
打者はインプレーのためアウトを賭して本塁に進んでいるためアウトになっても、その結果が最終の判定となり3塁まで戻る事はできない。

つまり、野手側の妨害が発生したことを審判員が確認してもプレーは継続されプレーが落ち着いたところで走者が3個以上の塁に達していなければ3個の安全進塁権が与えられます。

野手がグローブなどをボールに投げる行為はインプレー。
スポンサーリンク

投げたグローブなどがボールに当たらなかったらどうなる?

それでは、故意にボールに向け自分の身に着けているものを投げて止めようとしたが、ボールに触れなかった場合はどうなるのでしょうか。

答えは、故意に犯した行為であってペナルティはありません。

投げたグラブ、本来の位置から離した帽子、マスクその他がボールに触れなければ、このペナルティは適用されない。(野球規則5.06(4)原注)

投げたものがボールに触れなければペナルティは無し。

スポンサーリンク

ホームランの打球にグローブを投げて当てたら?

ホームラン性の打球を野手がグローブまたは帽子などを投げつけて止めた場合には、どうなるのでしょうか。
この場合は、妨害が無ければホームランだったと審判員が判断すれば「ホームラン」となります。

本塁が与えられる得点が記録される場合──フェアボールがインフライトの状態でプレイングフィールドの外へ出て、しかも、各走者が正規に各塁を触れた場合。また、フェアボールがインフライトの状態で、明らかにプレイングフィールドの外へ出ただろうと審判員が判断したとき、野手がグラブ、帽子、その他着衣の一部を投げつけて、その進路を変えた場合。
〝その進路を変えた場合〟とあるが、インフライトの状態で、明らかにプレイングフィールドの外へ出ただろうと審判員が判断したフェアの打球が、野手の投げつけたグラブなどに触れて、グラウンド内に落ちたときでも、本項が適用される。(野球規則5.06(4)(A))

プレイングフィールドとは観客席のことであり、明らかにホームランの打球の進路を野手が故意に妨害した場合はホームランとなります。

また、野手の妨害の他に観客の妨害、空に飛んでいる鳥の妨害についてもルールが決められています。

ホームラン性の打球にグローブなどを当てて妨害したらホームランとなる。

観客が妨害した場合

例えば、ホームラン性の打球を観客がグラウンド側に身を乗り出しボールを捕球した場合や、守備を行う選手の捕球を妨害した場合が考えられます。

打球または送球に対して観衆の妨害があったときは、妨害と同時にボールデッドとなり、審判員は、もし妨害がなかったら競技はどのような状態になったかを判断して、ボールデッド後の処置をとる。
【規則説明】 観衆が飛球を捕らえようとする野手を明らかに妨害した場合には、審判員は打者に対してアウトを宣告する。(野球規則6.01e)

妨害が無い場合に、どのような状態になっていたかを審判員が判断することになっています。

つまり、妨害が無ければヒットまたはホームランであれば安打またはホームランが認められ、妨害があったにも関わらずアウトだと判断されればアウトとなります。

また、観衆が野手を妨害した場合には打者がアウトとなります。

どちらの場合にも、妨害と同時にボールデッドとなることにも注意が必要です。

空を飛んでいる鳥に接触した場合

野球場の上空を飛んでいる鳥に打球が接触した場合はどうなるのでしょうか。

一見、あり得ない出来事ですが規則書には明確にルールが記載されています。

フェアの打球がインフライトの状態で、明らかにプレイングフィールドの外へ出ただろうと審判員が判断したとき、観衆や鳥などに触れた場合には、本塁が与えられる。
送球またはインフライトの打球が、鳥に触れた場合は、ボールインプレイでありインフライトの状態は続く。しかし、プレイングフィールド上(地上)の鳥または動物に触れた場合は、ボールインプレイであるが、インフライトの状態でなくなる。また、投球が鳥に触れた場合は、ボールデッドとしてカウントしない。犬などがフェアの打球、送球または投球をくわえたりした場合には、ボールデッドとして審判員の判断によって処置する。(野球規則5.06(4))

ホームラン性の場合

審判員の判断により本塁打が与えられる。

上空の鳥に触れた場合

インプレーの状態が続き、落ちてきた打球を捕球すれば「アウト」が認められます。

グラウンド(地上)の鳥や動物に触れた場合

ライナーなどで直接動物に触れた打球を地面に落ちる前に捕球しても、アウトにはなりません。
ただし、この場合もインプレーの状態が続きます。

投球が鳥に触れた場合

ボールデッドとなり、ノーカウントでやり直しとなります。

ファウルボールの打球に対してグローブを投げて当てたら?

それでは、ファウルボールの打球を野手がグローブまたは帽子などを投げつけて止めた場合には、どうなるのでしょうか。

答えはペナルティはなく、ファウルボールのままです。

ただし、フェアまたはファウルが確定する前にグローブ等を投げて当ててしまえば3個の安全進塁権が与えられます。

ファウルボールについてはペナルティなし。

グローブを投げて送球を止めたときのルール

次は、打球ではなく送球に対してグローブなど自分が身につけているものを故意にに触れさせた場合です。

この場合は「2個の安全進塁権」が与えられます。

2個の塁が与えられる場合──野手が、帽子、マスクその他着衣の一部を、本来つけている個所から離して、送球に故意に触れさせた場合。(野球規則5.06(4)(D))
2個の塁が与えられる場合──野手が、グラブを故意に投げて、送球に触れさせた場合。(野球規則5.06(4)(E))
この際はボールインプレイである。

このように、野手が帽子、マスク、グローブなど自分が身につけているものを故意に送球に触れさせると3個の安全進塁権が認められます。

また、こちらも故意に触れさせた場合のみに適応されるため、打球または送球の勢いにおされて、野手の手からグラブが脱げたとき、あるいは正しく捕らえようと明らかに努力したにもかかわらず、野手の手からグラブが脱げた場合などには適応されません。(規則5.06原注)

送球に対して、グローブなど自分の身に着けているものを故意にボールに当てて止めると2個の安全進塁権が認められる。

実際にあったプレイ

2008年5月4日に行われたロッテ対西武戦(千葉マリンスタジアム)
西武の栗山巧選手の放ったライトへ抜けそうな打球を、ロッテのホセ・オーティズ選手がグラブを当てて止めてしまいました。
結果はグラブを故意に投げつけたとして打者である栗山選手は3ベースとなりました。

1997年8月20日に行われたヤンキース対エンゼルス戦
伊良部投手が投げた投球を打者はセーフティバントを行ったが伊良部選手はバント処理を失敗。
転がるボールにグラブを投げて止めようとしたがボールには触れなかったのでペナルティはありませんでした。

まとめ

まとめると以下のようになります。

・打球にグラブ等を投げつける・・・3個の安全進塁権が与えられる。
・送球にグラブ等を投げつける・・・2個の安全進塁権が与えられる。
・ボールに当たらなければペナルティはなし。

グローブを投げつけるなど用具を大切にしないとマナーが悪いと思われるだけではなく、3個の進塁権など厳しいペナルティが待っています。
選手などに道具を大切にする指導をする際にこのようなルールも一緒に指導できれば、説得力が出てきますよ!

ルール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野球マニアをフォローする
野球ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました