野球のルールで監督の選択権とは?

ルール

野球のルールで監督の選択権が発生する事はご存知ですか?

監督であれば、知っているのが当然のルールではありますが、意外と知らない方も多いルールのひとつです。

この記事では監督の選択権が発生するケースとルールを現役審判員である私が詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

監督の選択権とは

野球のルールで発生する監督の選択権とは、野球規則6.01c項に記載されている「捕手の妨害」で選択権が発生します。

捕手またはその他の野手が、打者を妨害(インターフェア)した場合、打者は走者となり、アウトにされるおそれなく、安全に一塁が与えられる。(ただし、打者が一塁に進んで、これに触れることを条件とする)しかし、妨害にもかかわらずプレイが続けられたときには、攻撃側チームの監督は、そのプレイが終わってからただちに、妨害行為に対するペナルティの代わりに、そのプレイを生かす旨を球審に通告することができる。(野球規則6.01c)

簡単に言うと、インターフェア(打撃妨害)が発生して一定の条件が揃うと監督が、どちらのプレイを有効としたいか選択できるシステムです。

インターフェアとは日本語で「妨害する」「障害になる」という意味があり、打者または、守備を妨害した時に適応するルールです。

インターフェアには大きく分けて2つあります。

  • 打撃妨害によるインターフェア
  • 守備妨害によるインターフェア

今回の監督の選択権が発生するのは「打撃妨害によるインターフェア」のみとなります。

インターフェアについての詳しい解説は以下の記事を参考にしてください。

ここまでの重要なポイントをまとめると・・・
  • プレイを選択するには、インターフェアが発生して一定の条件が必要。
  • 打撃妨害によるインターフェアのみ選択権が発生する。
スポンサーリンク

インターフェアによる監督の選択権が発生する条件とは

それでは、インターフェアによる監督の選択権が発生するにるには、どのような条件が必要でしょうか。

妨害にもかかわらずプレイが続けられたときには、攻撃側チームの監督は、そのプレイが終わってからただちに、妨害行為に対するペナルティの代わりに、そのプレイを生かす旨を球審に通告することができる。
ただし、妨害にもかかわらず、打者が安打、失策、四球、死球、その他で一塁に達し、しかも他の全走者が少なくとも1個の塁を進んだときは、妨害とは関係なく、プレイは続けられる。(野球規則6.01c)

野球規則には上記のように記載されており、わかり易く説明すると・・
  • 打者が1個以上の進塁が出来なかったとき。
  • 該当のプレイが終わってからただちに行う。

この2つが必要な条件となります。

打者が1個以上の進塁が出来なかったとき

打者及が1個以上の進塁が出来なかったときとは、以下の例が考えられます。

(ケース1)

  1. 走者が2塁にいる場面。
  2. 打者がボールを打つ際にキャッチャーのミットに当たりながらも内野ゴロを打った。
  3. その間に走者は、2塁から3塁へ進塁した。
  4. 打者は内野ゴロとなり1塁でアウトとなった。

このような場合は、走者は1個以上進塁できたが打者は妨害により1個以上の進塁が出来なかったので選択権が発生します。
選択肢としては・・・

  • 打者はアウトとする。走者は3塁まで進塁する。⇒プレイを生かす
  • 打者は1塁へ進塁させる。走者は2塁へ戻す。⇒インターフェアを適応する

つまりインターフェアを無かったこととして、プレイを生かしアウトを一つ犠牲にしてでも走者を進塁させたい。

または、インターフェアを適応してアウトカウントを増やすことなく、塁上のランナーを溜めたいという2つの選択が自由に選ぶことができます。

(ケース2)

  1. 走者が3塁にいる場面。
  2. 打者がボールを打つ際にキャッチャーのミットに当たりながらも外野フライを打ちフライアウトとなった。
  3. それを見た3塁走者はタッチアップを行い本塁まで帰塁した。

この場合も、走者は1個以上進塁できたが打者は妨害により1個以上の進塁が出来なかったので選択権が発生します。
選択肢としては・・・

  • 打者はアウトとする。走者は本塁まで帰塁して得点とする。⇒プレイを生かす
  • 打者は1塁へ進塁させる。走者は3塁へ戻す。⇒インターフェアを適応する

得点が認められるため通常はプレイを生かしますが、大量得点が欲しい時などはインターフェアを適応し、走者1,3塁とすることもできます。

ここまでの重要なポイントをまとめると・・・

打者が1個以上の進塁が出来なかったときは、プレイが終わってからプレイまたはインターフェアどちらを有効とするか選択ができる。

該当のプレイが終わってからただちに行う

野球規則ではこのように記載されていますが、この規定は各連盟やリーグにより適応方法が変わってきます。

プレーが落ち着いてから一定時間内に監督の申し出が無ければインターフェアを適応し各走者及び打者を各塁に留まるように審判員が指示したり、一旦インターフェアを適応し監督からの申し出が無い場合は戻した状態から再開するなど様々です。

今回は、私の所属する軟式野球連盟の方法を基に説明します。(こちらは各連盟・リーグにより違うためご注意ください

まず、プレーが一旦落ち着いてから審判員は「インターフェア」を再度宣告します。そしてインターフェアを適応しインターフェアを適応した状態に各走者と打者を塁へ留めます。審判員は攻撃側の監督にインターフェアが発生した旨をジェスチャーを交えて宣告します。ルールを十分に把握している監督であれば、この時点で何らかの返答はありますが、大抵の監督は???なのでプレーまたはインターフェアを適応するか確認後、プレーを再開します。

スポンサーリンク

選択権が発生しないケース

次に選択権が発生しないケースです。

基本的には打者が妨害にも関わらず1個以上の進塁が出来たときには選択権は発生せず、インターフェアは無かったこととなります。

その他にも、捕手による打撃妨害が発生しても選択権が発生しないケースもあるので順番に説明していきます。

(ケース1)

  1. 走者が2塁にいる場面。
  2. 打者がボールを打つ際にキャッチャーのミットに当たりながらも内野ゴロを打った。
  3. 打者は内野ゴロとなったが1塁でセーフとなった。
  4. 走者である2塁走者は2塁へ留まったままだった。

この場合は、打者走者の1塁に対するプレーがセーフとなっているのでインターフェアは無かったこととなり、監督の選択権も発生しません。
プレーが継続されるため、走者は進塁できなくても2塁へ留まったままで進塁は付与されません。

 
(ケース2)
  1. 走者が1塁にいる場面。
  2. 打者がボールを打つ際にキャッチャーのミットに当たりながらも内野ゴロを打った。
  3. 打者は内野ゴロとなったが1塁でセーフとなった。
  4. 走者はフォースプレーのため押し出される形となり2塁へ進塁した。

この場合も、打者走者の1塁に対するプレーがセーフとなっているのでインターフェアは無かったこととなり、監督の選択権も発生しません。
走者はフォースプレーのため押し出される形となり2塁への進塁も当然に有効となります。

ボールデッドになるケース

先程までのケースでは、審判員がインターフェアを宣告し、プレーが落ち着いてから状況を見て処置するケースでした。

これから説明するケースはインターフェア(打撃妨害)で即、ボールデッドになるケースを説明します。

(ケース3)
  1. 走者なしの場面。
  2. 打者はボールを打とうとバットを振った際にキャッチャーのミットに当たり空振りをした。

この場合は、空振りをしてキャッチャーミットに当たった時点でボールデッドとなり打者は1塁への安全進塁権が発生します。
走者がいる場合でも同様に打者は1塁への安全進塁権が発生し、走者は各塁へ留まったままで進塁は付与されません。

ここまでの重要なポイントをまとめると・・・
  • 打者が妨害にも関わらず、打球を打ち1塁がセーフとなればインターフェア(打撃妨害)は無かったこととなりプレーが継続される。
  • 各走者が進塁していなければ、各塁へ留まったままで進塁は付与されない。
  • 空振りをしてキャッチャーミットに当たった時点でボールデッドとなり打者は1塁への安全進塁権が発生する。

一度選択した権利は変更できない。

監督は打撃妨害またはプレーを生かす旨を通告した場合、変更・取消しをすることはできません。

監督がプレイを生かす旨を球審に通告するにあたっては、プレイが終わったら、ただちに行なわなければならない。なお、いったん通告したら、これを取り消すことはできない。(野球規則6.01c【注1】)

例えば以下のような例が考えられます。
  1. 走者が3塁にいる場面。
  2. 打者がボールを打つ際にキャッチャーのミットに当たりながらも外野フライを打ちフライアウトとなった。
  3. それを見た3塁走者はタッチアップを行い本塁まで帰塁した。
  4. 攻撃側の監督はプレーを生かしてタッチアップによる得点を選択した。
  5. 守備側のチームが3塁走者の離塁が早いと判断しアピールをした。
  6. 審判員は離塁が早い事を認めアピールによるアウトを宣告した。

この場合、攻撃側の監督はアピールによるアウトになるんだったらインターフェアを適応してくださいと変更はできません

盗塁と打撃妨害が同時に発生したら

それでは、盗塁と打撃妨害が同時に発生したらどうなるのでしょうか。

結論から言えば、盗塁が認められるケースと認められないケースがあり野球規則には以下のように記載されています。

走者が盗塁を企てたとき、打者が捕手またはその他の野手に妨害(インターフェア)された場合はその塁を占有する権利を獲得する。(規則5.06抜粋)

しかし、注意書きとして以下の文章も記載されています。

本項は、盗塁を企てた塁に走者がいない場合とか、進もうとした塁に走者がいても、その走者もともに盗塁を企てていたために次塁への進塁が許される場合だけに適用される。しかし、進もうとした塁に走者があり、しかもその走者が盗塁を企てていない場合には、たとえ盗塁行為があってもその走者の進塁は許されない。また単に塁を離れていた程度では本項は適用されない。(野球規則5.06b(3)(D))

盗塁が認められるケース

盗塁が認められるケースは以下のようになります。
  • 投手が投球時に走者が盗塁を行っていたとき。

この条件のみが盗塁が認められるケースとなります。
これは複数の走者が一気に盗塁を企てても全員が進塁できます。

盗塁が認められないケース

次に盗塁が認められないケースです。
  • 複数の走者がいる場面で、盗塁をした先の塁に既に走者がいる状態で、その走者が盗塁をしていなかったとき。
  • 打撃妨害が発生したことを確認してから次の塁へ盗塁をしようとしたとき。

このような場合は、盗塁行為があっても盗塁は認められず帰塁しなければなりません。

あまり無い例ですが、走者が1,2塁にいる状態で1塁走者は盗塁、2塁走者は盗塁をしない場合などです。
また、ディレードスチールのように打撃妨害が発生した瞬間に盗塁を行ってもダメです。

打撃妨害の流れ

それでは、打撃妨害が発生した時の流れを審判員の動きも合わせ解説します。

先程も説明したように即ボールデッドとなるケース、プレーが継続されプレーが落ち着いてから打撃妨害が宣告される場合の2パターンがあります。

審判員の動きやジェスチャーも併せて覚える事で慌てずに対処できるようになります。

即座にボールデッドとなるケース

即座にボールデッドとなるケースは走者なし。または打者がボールを打とうとバットを振った際にキャッチャーミットに当たり空振りをした場合でした。

この場合の流れは・・・

  1. 打者がボールを打とうとバットを振った際にキャッチャーミットに当たり空振りをした。
  2. 審判員(球審)はタイムを宣告します。
  3. キャッチャーを指さし「インターフェア」を宣告します。
  4. 打者を1塁へ進塁するように指示します。

即座にボールデッドとなる場合は、審判員の指示通り従えば何ら問題はありません。

プレーが落ち着いてから打撃妨害が宣告される場合

プレーが落ち着いてから打撃妨害が宣告される場合は打者、守備側共に少し注意が必要です。

 
この場合の流れは・・・
  1. 打者がボールを打つ際にキャッチャーのミットに当たりながらも内野ゴロを打った。
  2. 審判員(球審)はキャッチャーミットを指で刺しながら「インターフェア」と発します。
  3. 打者は内野ゴロとなり1塁でアウトとなった。
  4. プレーが落ち着いたところで審判員(球審)はタイムを宣告します。
  5. キャッチャーを指さし「インターフェア」を宣告します。

注意するべき点は、バットがミットに触れた時点で審判員は「インターフェア」と言葉で宣告します。
このときに、野手や走者がびっくりしてプレーを止めてしまわないように注意が必要です。

まとめ

監督の選択権がどのようなものか理解できましたか?

 
重要な点をまとめると以下の内容となります。
  • プレイを選択するには、インターフェアが発生して一定の条件が必要。
  • 打撃妨害によるインターフェアのみ選択権が発生する。
  • 打者が1個以上の進塁が出来なかったときに選択権が発生する。
  • 空振りをしてキャッチャーミットに当たったらボールデッドとなり打者は1塁への安全進塁権が発生する。
 

選択権を十分に理解していないと重要な得点が得られなかったり、試合に負ける可能性もあります。
ルールを十分に理解をして試合に臨みましょう。

おすすめ野球アイテム

今回のオススメするアイテムは、「ミズノ オーダーシューズ」です。

金属製スパイクを自分好みにアレンジして自分だけのオリジナルスパイクをつくることができます。

カラーはもちろん、刺繍やソールの種類まで様々な仕様から選択しイメージCGで確認することができます!

楽天市場でCHECK! YAHOOショッピングでCHECK!
レビューを見る レビューを見る

スパイクは同じチーム内であっても違う色や違う種類のスパイクを履くことが許可されています。

自分好みにアレンジして作成してみましょう!

ルール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野球マニアをフォローする
野球ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました