キャッチャーの送球を妨害したらどうなる?現役審判員が詳しく解説

ルール

野球のルールでキャッチャーの送球を妨害したらどうなるの?と疑問に思っているひとがいると思います。

この記事では現役審判員である私がキャッチャーの送球を妨害したときのルールを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

キャッチャーの送球を妨害したら守備妨害が適応される

野球規則では以下のように記載されています。

打者がバッタースボックスの外に出るか、あるいはなんらかの動作によって、本塁での捕手のプレイおよび捕手の守備または送球を妨害した場合。
しかし例外として、進塁しようとしていた走者がアウトになった場合、および得点しようとした走者が打者の妨害によってアウトの宣告を受けた場合は、打者はアウトにはならない。

【原注】打者が捕手を妨害したとき、球審は妨害を宣告しなければならない。打者はアウトになり、ボールデッドとなる。妨害があったとき、走者は進塁できず、妨害発生の瞬間に占有していたと審判員が判断した塁に帰らなければならない。しかし、妨害されながらも捕手がプレイをして、アウトにしようとした走者がアウトになった場合には、現実には妨害がなかったものと考えられるべきで、その走者がアウトとなり、打者はアウトにはならない。その際、他の走者は、走者がアウトにされたら妨害はなかったものとするという規則によって、進塁も可能である。このような場合、規則違反が宣告されなかったようにプレイは続けられる。(野球規則6.03a(3)

 
頻繁に起こるプレーとして以下のようなプレーがあります。
  1. 走者1塁の場面。
  2. 走者は盗塁を行い、キャッチャーは2塁へ送球しようとした。
  3. しかし、打者はバットをスイングしたときにホームベース上に足が出てしまい、キャッチャーの2塁への送球を妨害したと判断された。
  4. 妨害されながらもキャッチャーは2塁へ送球したが、走者は2塁でセーフの判定となった。

この場合、キャッチャーを妨害したとして守備妨害(インターフェア)が適応され打者はアウトとなります。
そして走者はプレー前に占有していた1塁へ戻される形となります。
また、このプレーはインプレーとなります。

 

  • 打者がキャッチャーの送球を妨害したら打者がアウトとなり走者は元の塁へ戻される。
  • インプレーの状態でプレーが継続される。

走者がアウトになれば守備妨害はなし

ただし、先ほどの場面でキャッチャーが妨害されながらも走者をアウトとした場合には守備妨害(インターフェア)は無かったことになります。
この場合、打者はアウトにはなりません。送球でアウトとされた走者のみがアウトとなり、打者にはストライク、ボールの判定がされプレイ継続です。

送球しなかったら?

それではキャッチャーが妨害をされて送球ができなかった場合はどうなるのでしょうか。
送球できなくても同様に打者はアウトとなり走者は元の塁へ戻されます。
しかし、打者の妨害行為がありキャッチャーが送球をあきらめ送球の意思がないと審判員が判断すれば守備妨害は適応されずプレーが生かされるため注意が必要です。

走者がアウトになる場合もある

打者がキャッチャーの妨害を行い。走者がセーフとなった場合でも走者があうととなるケースがあります。
先ほどの例のような場面で、打者が2ストライクと追い込まれ妨害したスイングが3ストライク目(三振)の場面です。
この場合、打者は三振で必然的にアウトとなるため代わりに走者がアウトとなります。

スポンサーリンク

複数の走者がいたら

それでは、塁に複数の走者がいた場合はどのようになるのでしょうか。

例えば以下のケースが考えられます。

  1. 走者1,2塁の場面。
  2. 各走者は盗塁を行い、キャッチャーは3塁へ送球しようとした。
  3. しかし、打者はバットをスイングしたときにキャッチャーの3塁への送球を妨害したと判断された。
  4. 妨害されながらもキャッチャーは3塁へ送球したが、走者は3塁でセーフの判定となった。

対象となる走者は、あくまで3塁走者に対しての妨害行為であるため3塁でのプレーに対して判断されます。
しかし、3塁走者がセーフとなったことから、打者がアウトとなり3塁走者は元々専有していた2塁へ帰塁しなければなりません。
また、2塁へ進塁していた1塁走者は3塁走者が2塁へ戻ることから1塁へ帰塁する形となってしまいます。

危険を冒して進塁しても良い

先程の例で3塁走者がアウトとなったとします。
この場合、1塁走者が2塁へ進塁後に隙をついて3塁まで進塁する事は正当なプレーとみなされます。
そして、危険を冒して進塁した走者がアウトとなってしまえば、アウトが成立します。

 

スポンサーリンク

バットを振った後にキャッチャーを妨害する

打者が、スイングを行いバットを振った後にスイングの余韻で捕手の送球を妨害したらどうなるのでしょうか。

野球規則には以下のように記載があります。

打者が空振りし、スイングの余勢で、その所持するバットが、捕手または投球に当たり、審判員が故意ではないと判断した場合は、打者の妨害とはしないが、ボールデッドとして走者の進塁を許さない。打者については、第1ストライク、第2ストライクにあたるときは、ただストライクを宣告し、第3ストライクにあたるときに打者をアウトにする。(2ストライク後の〝ファウルチップ〟も含む)((野球規則6.03a(3)原注)

この場合は、妨害行為とみなされません。

直ぐにボールデッドとなり打者にはストライクが付与され走者は元の塁へ帰塁する必要があります。

ベース上でスイングしたバットがキャッチャーに当たった

打者がスイングした時に、ボールを捕球しようとベース上に出てきたキャッチャーとスイングしたバットが接触したらどうなるでしょうか。

野球規則には以下のように記載があります。

捕手またはその他の野手が、打者を妨害(インターフェア)した場合、打者は走者となり、アウトにされるおそれなく、安全に一塁が与えられる。(野球規則6.01c)

このようなケースでは、守備妨害ではなく打撃妨害を適応します。

つまり、守備を妨害したのではなく、打者を妨害したと判断されます。
ベース上の投球は打者に打つ権利があるためです。

まとめ

キャッチャーの送球を妨害したら守備妨害(インターフェア)が適応されます。

そして、重要な点は・・・
  • 打者がキャッチャーの送球を妨害したら打者がアウトとなり走者は元の塁へ戻される。
  • インプレーの状態でプレーが継続される。
  • 打者が三振したら走者がアウトになる。
  • 走者がアウトになれば主部妨害は適応されない。

ルールをしっかり把握して試案に臨みましょう!

ルール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野球マニアをフォローする
野球ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました