野球のデッドボールのルールについて現役審判員が詳しく解説

ルール

野球のゲームで投手(ピッチャー)の投げたボールが打者(バッター)に当たることをデッドボールと言います。

しかし、デッドボールにも様々なルールがあり打者に当たったものが全てデッドボールとなる訳ではありません。

今回はデッドボールのルールについて現役審判員が詳しく解説解説していきます。

スポンサーリンク

デッドボールとは

デットボールとは投手の投球が打者に当たる場合のことを言います。

デッドボールの他にも「死球」、「ヒット バイ ピッチ」と言う呼び方もしますが全て同じ意味です。

審判員のコールでは「ヒット バイ ピッチ」と宣告します。

それでは、デッドボールのルールはどのように定められているのでしょうか。

野球規則では以下のように記載されています。

打者は、次の場合走者となり、アウトにされるおそれなく、安全に一塁が与えられる。
打者が打とうとしなかった投球に触れた場合。(野球規則5.05b(2))

そして打者に投球が触れた場合、ボールデットとなり1個の安全進塁権が与えられます。

塁上に走者がいる場合は、フォースプレイの状態を除き進塁はできません。

そして、野球規則には「ただし・・・」として打者にボールが触れてもデッドボールとして認められないルールが存在します。

スポンサーリンク

ストライクゾーンで打者に触れた

打者がベースに覆いかぶさるようにバッターボックスで構えていた際、ホームプレート上空のストライクゾーンで触れた場合はストライクとなります。

この場合は、大きく曲がる変化球が打者に当たりそうになり避けたとしても関係ありません。

また、ストライクゾーンを通過した球が打者がバッターボックス後方で構え触れてもストライクとなります。

バウンドしない投球が、ストライクゾーンで打者に触れたときはストライクが宣告される。
〝投球がストライクゾーンで打者に触れた〟ということは、ホームプレートの上方空間に限らず、これを前後に延長した空間で打者に触れた場合も含む。
投球が、ストライクゾーンの外で打者に触れた場合でも、その投球が、ストライクゾーンを通っていたときには、打者がこれを避けたかどうかを問わず、ストライクが宣告される。(野球規則5.05b(2))

ストライクゾーンについての解説は以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

打者が避けないとき

投手の投球が打者に触れたが、打者はそのボールを避ける仕草がなかった場合はボールとなります。

たとえば、山なりのスローボールが打者に向かってきたが打者は避けることなくボールに触れた場合が考えられます。

避けたかどうかは明確な基準がなくあくまでも、審判員の判断とされています。

投球がストライクゾーンの外で打者に触れ、しかも、打者がこれを避けようとしなかった場合には、ボールが宣告される。
打者が投球を避けようとしたかどうかは、一に球審の判断によって決定されるものであって、投球の性質上避けることができなかったと球審が判断した場合には、避けようとした場合と同様に扱われる。(野球規則5.05b(2))

打者がバットを振った後にボールに当たった

打者がスイング(バットを振る)した後に直接自分(打者)の身体に触れた場合はストライクとなります。

また、バットに触れた場合はファウルとなり、バットのグリップエンドに当たった場合はバットに当たったのか。手に当たったのか判断が難しくなります。

この投球が第3ストライクになり場合は、ファウルまたは三振となるので重要なジャッジとなります。

打者が自らボールに当たりにいった

打者が自ら足または肘を出しボールに当たりに行った場合は、投球のコースによりストライクまたはボールが宣告されます。

軟式野球界においては非常に多いケースです。

打者は避ける仕草をしながら自らボールに当たるため足や肘を出してきます。

このようなプレイは非スポーツマンとして許されないプレイの為、毅然とした態度で審判員は対応する必要があります。

打者の装飾品にボールが触れた

アマチュア野球ではあまり無い例ですが、打者が身に着けているネックレスやブレスレットに触れた場合はストライクまたはボールが宣告されます。

ただし、打者のユニフォームやバッティンググローブなどの一部に少しでも触れた場合はデッドボールとなります。

投球が打者の身に着けているネックレス、ブレスレットなどの装身具にだけ触れた場合には、その打者が投球に触れたものとはみなさない。(野球規則5.05b(2)【原注】)

ワンバウンドした投球が打者に触れた

投手が投球したボールがワンバウンドした後に打者の身体に触れればデッドボールとなります。

ただし、打者に避ける仕草が無い場合は打者に触れても当然にボールとなります。

打者に触れた際はボールデッドとなる

打者に正規に触れた場合はボールデッドとなりデッドボールとして安全進塁権が与えられます。

打者にボールが触れデッドボールではなくストライクまたはボールが宣告された場合でも打者に触れた時点でボールデッドとなります。

したがって、走者が盗塁など進塁の行為があれば前の塁へ戻すことになります。

また、触れたボールが第3ストライクになる場合でも打者の振り逃げ行為はできません。

打者が投球に触れたが一塁を許されなかった場合も、ボールデッドとなり、各走者は進塁できない。(野球規則5.05b(2)【規則説明】)

打者の申告により判定が覆る

近年、打者の申告によりデッドボールの判定が訂正されるケースが何度かありました。

2019年、夏の甲子園で花咲徳栄と明石商業の一戦。

花咲徳栄の打者がデッドボールの判定に対し、自ら当たりに行ったと言いデッドボールを否定。

判定が覆り、その後にホームランを打ちました。

また、2021年に行われたヤクルト対オリックスの日本シリーズの一戦。

ヤクルトの青木選手がデッドボールの判定に対し、バットに触れたと言いデッドボールを否定。

その後、内野ゴロでアウトとなりました。

スポーツマンシップとはいえ、相手チームから抗議があれば取返しの付かない事態になるのではないでしょうか・・・。

まとめ

デッドボールについて解説しました。

打者の身体に当たれば全てデッドボールが適応されるわけではなく、打者が避けたかどうかがポイントになります。

最近ではデッドボールの練習をしているチームもあると聞いていますが、スポーツマンらしく正々堂々戦いたいものですね。

ルール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野球マニアをフォローする
野球ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました