一人でも簡単にできる野球の守備練習おすすめアイテムを紹介

練習

野球の守備練習が一人でも出来ることをご存知でしたか?

守備練習ではノックを打ってもらい捕球する練習を考える人が多いでしょう。

今回紹介する練習を行えば、一人でも簡単に守備の練習が出来てライバルに差をつけることが出来ます。

スポンサーリンク

壁あてとは

壁当てとは、家の壁や公園にある壁に向かってボールを投げ自分で捕球する練習です。

野球少年であれば誰もが一回は行ったことはあると思います。

特に野球をはじめたばかりの人はノックを打ってもらっても捕球することが難しいです。

壁当てをすると遊び感覚で自分のレベルに合わせたボールの勢いで練習ができます。

スポンサーリンク

壁当てのメリット

他にも壁当てには様々なメリットがあります。

野球の自主練習の中では素振りに続く最強クラスの練習方法と言えます。

ひとりで送球と捕球の練習が同時にできる

普通の練習ではキャッチボールやノックなどの練習を複数の人数で練習を行います。

しかし、壁当てであれば自分で投げたボールを壁に当て捕球をするので送球の練習にもなります。

当然、自分に送球が悪いと変なところにボールが行ってしまうのでコントロールの練習にもなります。

無駄が無い

チームの守備練習でノックの練習を行います。

ノックは実践的な練習で効果は抜群ですが、自分の順番が回ってくるまでに時間がかかります。

壁当てであれば順番待ちすることなく効率よく練習ができます。

同じ軌道の練習ができる

自分で送球を調整する事により同じ軌道のボールを処理する練習が何度でもできます。

自分の苦手な位置、軌道、体勢など繰り返し練習する事により苦手克服になります。

スポンサーリンク

壁当ての練習効率的な練習方法

壁当てもやみくもに練習するだけでは単なる遊びにしかなりません。

意識を持って練習する事により効率の良い練習ができます。

送球を意識する

壁当ては自分の送球から始まります。

単に壁に投げるのではなく、何処に投げるのか目標を決めコントロールの意識をします。

そして壁に当たった瞬間自分に真っ直ぐ返ってくることを確認します。

壁に当たった瞬間、ボールが横に転がったりすると真っ直ぐに腕が触れていない等の原因が考えられます。

ゴロの捕球練習

ボールを捕球する際に足の動かし方、捕球する位置など変な癖が身についてないか再度確認をしながら行います。

時には捕球した瞬間に動きを止めて足の位置などを自分で確認します。

ショートバウンドで捕球する

内野ゴロで一番捕球しやすい球はボールが地面から上がる瞬間だと言われています。

ボールの軌道をイメージしてショートバウンドに合わせて体が動かせるように練習します。

捕球後の動作を素早くする

実際の試合では捕球するだけではアウトにすることができません。

捕球後に素早くボール握り直して送球する技術を繰り返し練習します。

逆シングルで捕球する

捕球する際には「正面で取る」というのが基本ですが、一定のレベルに達すると逆シングルで捕球することも大切になります。

逆シングルで捕球することにより守備範囲が広がりアウトにできる範囲が広がります。

無限ノックを一人でする

捕球後、休むことなく壁に当てて捕球する。これを連続で行うことにより野球に必要な下半身の強化トレーニングにも繋がります。

壁当てのデメリット

壁当ても様々なメリットがありますが、ここ最近の時代の流れによりデメリットもあります。

昔は近所の道路で民家の塀の壁にボールを当てたり、公園ある壁に当てて気軽に遊び感覚で練習ができました。

しかし、近年では人様の壁にボールを当てることはご法度となり、公園でもキャッチボール禁止などの施設も増えています。

壁当ての練習をする際には十分注意しましょう。

壁当ての練習場所が無い

一人で壁当てをしたくても良い場所が無いという人は多いです。

せっかくやる気を出して練習しようと思っても守備の練習が出来ないのは残念ですね。

一人で守備練習ができる便利グッズ

一人で壁当てに似た守備練習ができる便利なグッズを紹介します。

これを使えば壁がなくても省スペースな場所で一人で練習をすることが可能です。

フィールディングトレーナーネットFPN-2010F2【フィールドフォース】

フィールドフォース社から販売されている「フィールディングトレーナーネットFPN-2010F2」です。

ネットに当たる場所やボールの角度によりゴロ・ショートバウンド・フライなど様々な打球処理の練習ができます。

3~5メートルのスペースがあれば使えるため自宅の駐車場でも練習ができます。

また、折りたたむこともできるため公園までの移動や使わないときの収納にも優れています。

メリット

口コミも多数あり様々なメリットがありました。
  • 野球初心者でも一人で楽しく練習ができる。
  • 駐車場などの省スペースでも使用することができる。
  • 様々な場所にボールが飛ぶので反射神経を鍛える練習にもなる。
  • 組み立てに少し力はいるが女性でも簡単に組み立てができる。
  • キャッチボールが出来ない時でも子供が一人で練習してくれる。

小学生の子供向けに購入する人が多く感じました。

購入後は、子供が夢中になり楽しく練習してくれるようです。

また、お父さんが仕事で一緒に練習できないときも、このアイテムがあれば解決されます。

そして、一番のメリットは省スペースで使用する事ができるという口コミが一番多かったです。

車一台分のスペースで練習が出来て、中にはウレタンボールを使い室内で使用している人もいました。

デメリット

一方デメリットもいくつかありました。
  • ネットを止めていたゴムが切れやすい。
  • ネットを取り付けるのに力が必要。

大半のデメリットはこの2つでした。

まずネットのゴムが切れやすいため使わないときは折りたたんで室内に保管しておく方が長持ちするようです。

当然ではありますが使用頻度が多いとゴムが切れやすくなります。

しかし、ゴムのみで販売されていますのでゴムのみを購入すれば解決します。

もうひとつは組み立ての際、フレームにネットを取り付ける際に力が必要です。

一方簡単に組み立てが出来たという口コミもあるので組み立てのコツがわかれば簡単に組み立てが出来るようです。

フィールディング FPN-8086F2

フィールドフォース社から販売されている「フィールディング FPN-8086F2」です。

基本的に先ほど紹介した「フィールディングトレーナーネットFPN-2010F2」と同じように捕球練習を行う練習器具です。

この商品の特徴は80*81㎝とコンパクトな商品となります。

また、跳ね返ってくるボールもネットの調整方法により予測できない不規則な軌道で戻って来るのが特徴となります。

的が小さくなるので野球初心者には少し難しくなりますがコンパクトなので持ち運びや収納が非常に楽です。

メリット

口コミをもとにメリットをまとめてみました。
  • コンパクトで持ち運びが便利。
  • 片付けが簡単でいい。
  • 不規則なバウンドがかえってきて楽しい
  • 思った以上のスピードで跳ね返ってくる。
  • 的が小さいのでコントロールも身に着くようになった。

やはりコンパクトで良いという声が多くありました。

打球の跳ね返りも思った以上に速い球が返ってくるようで小学校高学年から中学生位のひとが使用するケースが多かったです。

また、守備の練習以外にもホームベース後ろに置き投球練習で使用している人もいました。

デメリット

一方デメリットもいくつかありました。
  • 的が小さくて子供が苦労していた。
  • 思ったより重かった。

的が小さいため野球初心者や小学校低学年の子供には難しいようです。

また、コンパクトながらも重さが4K以上あるので女性には少し重く感じるかもしれません。

商品の比較

先ほど紹介した商品を比べてみました。

  FPN-2010F2 FPN-8086F2
大きさ たて102㎝×横112㎝ たて80㎝×横81㎝
重さ 4.2K 4.4K
価格 8,580円(税込) 8,800円(税込)
対象者 小学校低学年、野球初心者向 小学校高学年、野球中級者向

同じメーカーである「フィールドフォース」社から販売されています。

それぞれのレベルに合わせて購入すると良いでしょう。

板グラブを使って練習

内野のフィールディング練習をする練習アイテムとして板グラブという練習アイテムがあります。

現在では各メーカーより板グラブの特性を持った練習用のグラブが販売されています。

今回紹介したフィールディングネットと兼用することで効率の良い練習が一人でできます。

詳しくは以下の記事を確認してください。

まとめ

今回は一人でできる守備練習として壁当てを紹介しました。

昔は本当の壁に向けてボールを投げていましたが、最近ではとても便利な練習アイテムが販売されています。

それだけ壁当てとは大切な練習でもあり、守備の基本を身に着けるのに重要な役割があると解りましたね。

シーズンオフや、練習の合間などにしっかり練習してライバルに差をつけましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました