学童野球のルールが2022年度より改正

ブログ

学童野球のルール変更が発表されました。

2022年度より変更となるようですが、今回は大きな変更とも言えます。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

学童野球とは

学童野球とは小学生の野球のことを言います。

学童野球の他にも少年野球ということもありますが、正確に言えば違います。

全日本軟式野球連盟では
  • 小学生の野球⇒学童野球
  • 中学生の野球⇒少年野球

このような呼び方が正確です。

スポンサーリンク

学童野球のルール

野球規則にはピッチャープレートからホームベースまでの距離やベースの大きさなどの記載があります。

ここに記載されている寸法は少年野球以上の試合での距離が書いてあり学童野球では違う寸法を使用します。

寸法や距離を比較すると以下のようになります。

  学童野球 少年以上
塁間の距離 23m 27.43m
投手板から本塁までの距離 16m 18.44m
ホームベース寸法(横) 38.1cm 43.2cm

学童野球の特別ルール

学童野球では2021年までは以下のルールで行われています。

投球数 一日70球までしか投球できない
試合イニングと時間 7イニングまたは2時間30分
延長戦 7回終了後同点の場合はタイブレーク

投球数については2020年までは一日7イニングまでしか投球できないと決められていましたが、2021年より一日70球までとなりました。

また、試合時間についても5回終了後、試合開始から2時間30分を経過した場合には新しいイニングに入らず試合終了または同点の場合はタイブレークとなっています。

小学生は十分に身体が発達していないことから健康上の理由として特別にルールが決められています。

なお、少年野球の場合は一日100球までと決められています。

スポンサーリンク

2022年度からの新ルール

2022年度からの新ルールが全日本軟式野球連盟から発表されました。

冒頭で書いたように今回の新ルールは今まで以上に大きな変更となりました。

試合イニングと時間

  2021年までのルール(現行ルール) 2021年からの新ルール
試合イニング 7イニング 6イニング
試合時間 2時間30分 1時間30分

今まで7イニングで行われていた試合が6イニング制に変更となりました。

また、試合時間も1時間30分となり延長戦も6イニング完了後、または試合開始から1時間30分後にタイブレークに突入します。

いずれもスポーツ医学的観点から選手を守るために変更され、幼少期に肘や肩の故障を防止する目的があります。

7点差のコールドゲームは今までと同じように5回終了時点です。

*現在でも試合時間を2時間30分と定めている地域は少なく、1時間30分や1時間40分制が多く感じます。

しかし、県大会・全国大会など大きな大会になると2時間30分で行われています。

ホームベースの大きさ

学童野球の場合、ホームベースがひと回り小さいホームベースを使用します。

  学童野球 少年以上
ホームベース寸法(横) 38.1cm 43.2cm

今回の新ルールより少年以上の43.2cmのホームベースに統一とされました。

投手の負担をなくすためにストライクゾーンが広げられたことになります。

追記)全日本軟式野球連盟より、訂正文章が発行されました(令和3.12/27)

ホームベースの拡大は2022年度については全国大会のみ採用する。

2023年より全国一律に導入となりました。

ホームベースの準備が間に合わないということで延期となったのでしょう。

詳しくは全日本軟式野球連盟HP「令和4年度の学童野球新ルールの導入について」をご確認ください。

追記)全日本野球協会より、2022年野球規則の改正が発表されました。(令和4.2/18追記)

学童野球を含む全てのアマチュア野球に適応されますので確認をしましょう。

2022年のルール規則改正については以下の記事を参考にしてください。

一般用ホームベースを購入しよう

学童野球も一般と同じホームベースを使用することになると買換をしないといけません。

現在、コロナウイルスの影響や海外からのコンテナ不足により品切が発生する可能性もあります。

早めに準備をすることをおススメします!

一般用ホームベース(埋め込みタイプ)

一般用ホームベース(直置き用)

まとめ

マスコミの報道によれば学童野球の盗塁禁止をルール化するなどの噂もあり何らかのルール変更があると思っていました。

盗塁禁止ルールは適応されませんでしたが、今回の新ルールは非常に大きな変更点だと思います。

レベルの高いチームの試合となれば1試合1時間で終了してしまう場合も十分にあり得ます。

あっという間に試合が終わり物足りない部分もありますが、子供たちの将来を考えると仕方ない新ルールとなります。

今後も新ルールの発表があれば情報発信していきます!
  • 6イニングに変更
  • 試合時間1時間30分に変更
  • ホームベースは少年以上の試合で使用される大きさを使用(2022年は全国大会のみ)

少年野球チームに入団しよう

あなたの子供が少年野球チームに入りたいと言ってきたらどうしますか?

小学校入学から中学年くらいまでの間で何か習い事をはじめたいと思うときに候補に挙がるのが野球というスポーツです。

野球は非常に身近なスポーツであり多くの子供たちは、プロ野球や甲子園に憧れるものです。

また、野球チームに入団すると運動神経を鍛えると共に、チームにおける集団生活や協調性も学べるため、子供の大きな成長につながります。

しかし、親の負担も非常に大きなスポーツでもあります。

自分は野球経験がないので他のお父さんと馴染めるのか不安・・。

友達のお母さんから練習当番やお茶出し係があるって聞いて不安・・。

土曜、日曜日は仕事なので練習の付き添いが出来ないよ・・。

監督やコーチって怖いでしょ?

自分の子供が怒鳴られるのを見るのは嫌・・。

お父さんが審判をしないといけないと聞いたけどルールが解らないよ・・。

 

毎週練習や試合で家族と過ごす事が出来なくなるんじゃない?

このように様々な不安を抱いている保護者の方は少なくなりません。

しかし、子供が野球をしたいと言ったから入団させてあげたい・・。

そんな葛藤をしている方に朗報があります。

それは、「ベースボールスクールポルテ 」です!

ベースボールスクールポルテは全国600箇所に教室があり、約10,000人の子供たちが通う大人気の野球教室です。

2020年には「子どもに通わせたいスポーツスクールNo.1」にも選ばれています。

ベースボールスクール ポルテの特徴

子どもたちの「ココロに体力を。」というスクール理念で技術指導はもちろん、人間性を育てるスポーツ教育を提供しています。

そして、「認めて、褒めて、励まし、勇気づける」という指導方針のため未経験の子供でも楽しく野球を学ぶことができるスクールです。

面倒な保護者の練習当番や、お茶出し係などの負担も一切ありません。

ベースボールスクールポルテの費用

入会金 8,300円(スポーツ保険含む)
年会費 8,080円
月謝 8,290円
練習日程 週1回 1時間

その他

合宿費、大会参加費、ユニフォームなどの用具代が別途必要。

*兄弟で入会の場合は入会金が2人目以降800円。
*教室により月謝は異なることがる。
*表示価格は税込。

詳しくはこちら

無料体験も随時開催されているので、まずは無料体験でお試しするのも良いでしょう。
ポルテベースボールスクール」の無料体験会へ参加

コメント

タイトルとURLをコピーしました