野球のルール故意落球を現役審判員が詳しく解説

ルール

野球のルールで故意落球というルールがあります。

故意落球は滅多に起きないプレーなので発生した時には選手や観客は戸惑う場面もあります。

似たようなルールであるインフィールドフライの違いも含めて解説していきます。

スポンサーリンク

故意落球とは

故意落球とは一定の条件で野手が普通に取れるボールを故意に落としてダブルプレーを狙う事を防止するルールです。

0アウトまたは1アウトで、走者一塁、一・二塁、一・三塁または一・二・三塁のとき、内野手がフェアの飛球またはライナーを故意に落とした場合。
ボールデッドとなって、走者の進塁は認められない。(規則5.09a(12))

野球規則ではこのように書かれており、フォースプレーの状態(ダブルプレーが狙える状態)で内野手が故意にボールを落としダブルプレーを防止する目的で作られたルールです。

また、この際はボールデッドとなり打者はアウト。

走者の進塁は認められずプレイ前に占有していた塁へ戻ることになります。

  • 走者が一人以上いるフォースプレーの状態で発生
  • 内野手が飛球またはライナーを故意に落とす
  • ボールデッドとなり打者はアウト
  • 走者の進塁は認められず元の塁へ戻る

例えば、走者が1塁にいる状態でショートライナーが飛んだとします。

走者は容易なライナーのため進塁はせず、1塁へ戻ろうとします。

遊撃手はわざとボールを落とし6-4-3のダブルプレーでアウトを2つ取ることができます。

このようなプレイが続くと野球の面白さが無くなることを防止していると言えます。

故意に落とすとは

故意落球の条件として故意に落とすことが条件となります。

故意に落とすとは以下の条件が目安となります。
  • 誰が見ても容易に捕球できる飛球またはライナー
  • 一旦野手のグラブに触れたもの
逆に故意落球として認められないケース
  • 内野手が横に飛んで捕球するような難しい打球
  • 容易な飛球またはライナーでもグラブまたは手に触れていない打球
  • 外野手が故意に落とした打球

絶対的な条件として誰が見ても容易に捕球できる打球に限られます。

結果的に野手が捕球できなかった打球についても故意落球の対象となります。

そして、グラブに触れていることが条件であり、故意にショートバウンドで捕球したり、打球がグラブに触れることなく直接野手の身体に触れたものについては宣告されません。

つまり、故意にショートバウンドで捕球してダブルプレーを狙う行為は野手の技術としてプレイが生かされます。

また、飛球またはライナーを野手が胸でトラップなどしてダブルプレーを狙うことも認められます。

内野手が打球に触れないでこれを地上に落としたときには、打者はアウトにならない。(規則5.09a(12)【規則説明】)

容易に捕球できるはずの飛球またはライナーを、内野手が地面に触れる前に片手または両手で現実にボールに触れて、故意に落とした場合に適用される。(規則5.09a(12)【注1】)

打者と走者はどうなるのか

故意落球が宣告された時点でボールデッドとなります。

そして打者はアウト

走者はプレイ前の元に占有していた塁へ戻る必要があります。

ボールデッドとなって、走者の進塁は認められない。(規則5.09a(12))

スポンサーリンク

内野エリアで適応される

故意落球は内野エリアのみに適応されるルールです。

例えば以下のプレイが考えられます。
  1. 走者1塁の場面
  2. 打者はセンターライナーを放った。
  3. センターに守備していた中堅手はグラブに当てた後に故意に打球を落とした。
  4. 落としたボールを拾い8-6-3とボールを送球してダブルプレーとした。

このようなプレイは正規のプレイとして扱われダブルプレーが成立します。

内野手が外野の守備位置に位置して、このようなプレイが発生しても故意落球は適応されません

しかし、外野手が内野エリアで守備をして故意に落球させた場合は故意落球が適応されます

投手、捕手および外野手が、内野で守備した場合は、本項の内野手と同様に扱う。また、あらかじめ外野に位置していた内野手は除く。(規則5.09a(12)【注2】)

スポンサーリンク

インフィールドフライとの違い

故意落球に似たルールでインフィールドフライというルールがありますが全く別のルールです。

違いをまとめてみました。

  故意落球 インフィールドフライ
発生条件 走者が1人以上のフォースプレイの状態 走者が2人以上のフォースプレイの状態
プレイ ボールデッド インプレイ
エリア 内野エリア(フェア)のみ 内野エリア(フェア)のみ
打者 アウトが宣告される アウトが宣告される
走者 元の塁へ戻る 危険を冒して進塁しても良い
飛球 ライナーまたは飛球 フライのみ

インフィールドフライも故意落球も攻撃側のチームに不利益にならないように設けられたルールですが違いがあります。

どの場面で適応されるかしっかりと把握しておく必要があります。

まとめ

故意落球について説明しました。

故意落球とは野球のプレイで打者に不利益が無いようにルールで設け野球の面白みを生かすルールとなります。

ルールをしっかりと把握して試合を楽しみましょう!

ルール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野球マニアをフォローする
野球ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました