一人でできる効果的な野球のバッティング練習

練習

野球で活躍したいと思えば、一番に思いつくのがバッティングです。

バッティングでヒットをたくさん打てばレギュラーになれる確率もグンと上がります。

しかし、一人では十分なバッティング練習が出来ないと思っていませんか?

実は、一人でも効果的なバッティング練習ができます!

今回は、一人でできる効果的なバッティング練習を紹介していきます。

この記事を読むことで、一人でも効果的なバッティング練習をすることができます。
スポンサーリンク

素振り

バッティングの基本と言えば素振りです。

しかし、単にバットを振るだけでは効果がありません。

イメージする

試合を想定して投手がボールを投げてくるイメージをします。

そして、ボールが何処のコースに投げられたか想像しながらバットを振ることが大切です。

中学生以上の選手であれば、変化球も想像しながら素振りをすると良いでしょう。

素振りについての効果と練習方法は以下の記事を参考にしてください。

効果的な野球の素振りとは?正しい素振りと練習方法を紹介

ウエイトトレーニングを同時に行う

普段使っているバットで素振りをすれば実践感覚が身に付き効果があります。

また、普段使っているバットより重たいトレーニングバットを使って素振りをすることでウエイトトレーニングも同時に行うことが出来ます。

ただし、バッティングフォームが崩れないように行うことが大切です。

マスコットバットで筋力アップを目指せるのか?!

フォームのチェック

ボールを遠くに飛ばしたり、強い打球を打つためにはバッティングフォームも大切です。

バッティングフォーム矯正用具などを使って癖がつく前に早めに治すようにしましょう。

矯正用具や練習用のバットも多数販売されているので一度、チェックしてください。

スポンサーリンク

置きティー

置きティーとは、バッティングティーという台に置いたボールを打ち返す練習です。

元々メジャーで良く練習されていたバッティング練習で、最近では日本でも主流になってきています。

練習の目的はバッティングフォームの確認と、ボールを捉えるインパクトの確認に役立ちます。

注意する点は、ボールばかりを見ないで投手が投げたボールの軌道を意識して打つことです。

また、立ち位置をずらし苦手なコースを克服する練習にも向いています。

置きティーを使った練習方法は以下の記事を参考にしてください。

サンドボールを使う

置きティーで練習する際に、普通のボールで打つ以外にもサンドボールで打つ練習もできます。

サンドボールとは砂鉄の入ったボールで、通常の軟式ボールが130g程度に対し、サンドボールは350g~500gあります。

通常より重たいボールを打つことで力強いスイングが身に付き、より遠くに飛ばす力がつきます。

サンドボールは様々な重さがあるので自分の力に合わせ選ぶことが出来ます。

サンドボールを使った練習方法は以下の記事を参考にしてください。
 

穴あきボールを使う

穴あきボールとは、ポリエチレンや合成樹脂で出来た穴あきの柔らかいボールです。

材質の特性によりバットで打っても遠くに飛ばないことから、狭い練習場所や家庭内でも練習することができます。

ボールの大きさは、実際の野球ボールより大きいサイズから卓球球位の大きさまで様々あります。

小さいボールで練習することによりミート力を上げる練習も置きティーを使って一人で練習できます。

スポンサーリンク

シャトル打ち

ボールの代わりに、バトミントンの羽をティーバッティングで打つ練習です。

バトミントンのコルクは、ボールに比べ小さい・軌道がフラフラしているため最後までしっかり見ないと打ち返すことが出来ません。

また、バットのスイングスピードも大切になります。

シャトル打ちを行うとボールを最後まで見て打つ癖、バットの芯で捉える癖、スイングスピードの向上に繋がります。

通常二人一組となり行いますが専用の機械を使うことにより一人でも練習が可能となります。

シャトルを使った練習方法は以下の記事を参考にしてください。

まとめ

バッティング練習は今まで一人では素振りくらいしかできないと考えられていました。

しかし、最近では様々な練習アイテムを使うことにより一人でもバッティング練習ができます。

全ての練習に共通して言えることは、本番の試合を常に意識して一回ずつ集中して行うことです。

その他にも、一人でできる守備練習もありますので以下の記事を参考にしてください。

一人でも簡単にできる野球の守備練習おすすめアイテムを紹介

練習
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野球マニアをフォローする
野球ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました