マスコットバットで筋力アップを目指せるのか?!

練習

マスコットバットとは、野球の練習で素振りやバッティング練習を行うトレーニング用バットです。

バッティングで遠くに強い球を打つためには、正しいフォームとパワーが必要となります。

今回はマスコットバットについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

マスコットバットとは?

マスコットバットとは、通常のバットに比べ約200g~500g重たいバットのことです。

練習の際に素振りで振ったり、実際にボールを打ったり、試合中に「ネクストバッターズサークル」で素振りをする際に使われます。

使用するときはフルスイングで振らずに、軽くスイングすることでトレーニングの効果があります。

スポンサーリンク

マスコットバットの効果

マスコットバットを振ることにより以下の効果が期待できます。

フォームの矯正

普通のバットで何となく振っていると、手先でスイングをしてしまう癖がつきます。

しかし、マスコットバットはバット自体が重たいため手先のみでは上手く振ることが出来ません。

重たいバットを振るためには身体全体を使う必要があり、身体全体をうまく使うトレーニングになりフォームの矯正につながります。

スイングの強化

普段より重たいバットを振ることで筋力アップに繋がり、ウエイトトレーニングにもなります。

また、バットを振る筋力は腕立てや、腹筋で鍛えるのは非効率です。

バットを振る筋肉は、バットを振る素振りで筋肉を鍛えるのが一番効率が良く、スイングの強化に繋がります。

スポンサーリンク

マスコットバットを使うときの注意点

マスコットバットを使う際は注意しなげればならない点があります。

これを知らないと、練習が逆効果になる場合があるので注意しましょう。

フルスイングで振らない

マスコットバットを使いフルスイングしないようにしましょう。

フルスイングするとバッティングフォームが崩れたり、怪我の原因になります。

バットを振る際にはゆっくりと振り、重心移動・身体全体でバットが振れているか確認するために使います。

バットの重さに注意

マスコットバットは様々な重さが販売されています。

筋力をアップしようと重たすぎるバットを選んでも意味がありません。

自分で振れるギリギリの重さを選んで練習するようにします。

スイングスピードは上がらない

スイングスピードを上げたいと思い、重たいバットを一生懸命振る人がいます。

この練習では、残念ながらスイングスピードは上がりません。

しかし、重たいバットから軽いバットに変えて素振りをすると早く振れている感覚を覚えます。

これは、身体が錯覚をしているだけであり逆にスイングスピードが落ちている場合もあります。

スイングスピードが落ちる理由

簡単に言えば、早く振る筋肉と、力強く振る筋肉が違うからです。
  • 力強く振る筋肉はマスコットバットで鍛える。

  • 早く振る筋肉は軽めの筋肉で鍛える。

このように鍛える筋肉によりバットを変えて練習をする必要があります。

スイングスピードを上げたい人は以下の記事を参考にしてください。

野球のスイングスピードを上げる方法は?

マスコットバットで打撃練習

マスコットバットには素振り専用と実打可能な2種類のバットがあります。

素振りで使う練習が基本となりますが、場合により実際のボールを打つことで練習するメリットもあります。

実打するメリット

実打可能といっても、試合同様に速い球を打ってもあまり意味はありません。

普段より重たいバットを使い打つことによりバットの「出だし」が遅れミートポイントが後ろになります。

そして、ボールを最後まで溜めて打つ感覚を身に付けることが可能となります。

このような目的で、実際のボールを打って練習するメリットもあります。

マスコットバットの種類と選び方

マスコットバットは長さと重さを基準に選びます。

重さは普段使用しているバットのプラス10パーセントを基準に選びます。

長さは練習の目的により使い分けます。

  • 体幹トレーニングをしたい⇒長いバット
  • 正しいスイングを確認したい⇒短いバット

ゼット トレーニングバット BTT71980

対象 少年用
重さ 800g
長さ 80cm
実打 実打可能
おすすめのポイント
  • カラフルなデザイン2種類から選択可能。
  • 一流メーカーなので安心できる。
  • 木製のためミート力も身に付く。

ゼット プロモデル TT74180

対象 少年用
重さ 800g
長さ 80cm
実打 実打可能
おすすめのポイント
  • 3種類のデザインから選べる。
  • プロ野球選手モデルでモチベーションアップ。
  • グリップエンドが3種類とも違う。

ミズノ トレーニングバット 1CJWT217

対象 少年用
重さ 690g/690g/730g
長さ 76cm/78cm/80cm
実打 実打可能
おすすめのポイント
  • 3種類の重さ、長さが選べる。
  • 実践感覚に近い重さで扱いやすい。
  • プロモデルで安心。

アシックス トレーニングバット  ハードトレーナー

対象 一般用
重さ 1300g
長さ 85cm
実打 実打可能
おすすめのポイント
  • ハードトレーニング専用。
  • 素材にアオダモ材使用。
  • シンプルでおしゃれなデザイン。

ワールドペガサス トクサンTV  WBKWTTV9

対象 一般用
重さ 1100g
長さ 85cm
実打 実打可能
おすすめのポイント
  • 人気YutubeトクサンTVコラボバット。
  • バットコントロール強化が可能。
  • デザインが5種類と豊富。

まとめ

トレーニングバットについて説明してきました。

マスコットバットで筋力アップは可能です。

しかし、使用方法を間違えたり、効果を勘違いすると逆効果にもなります。

正しい知識をもって使用するようにしましょう。

 

練習
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野球マニアをフォローする
野球ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました